ドラマ初主演の有村架純、大先輩・板谷由夏の存在に感謝「大好きです」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月6日 > ドラマ初主演の有村架純、大先輩・板谷由夏の存在に感謝「大好きです」
メニュー

ドラマ初主演の有村架純、大先輩・板谷由夏の存在に感謝「大好きです」

2015年10月6日 21:30

連続ドラマ初主演を飾った有村架純

連続ドラマ初主演を飾った有村架純
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 有村架純主演のドラマ「海に降る」の完成披露試写会が10月6日、都内で行われ、有村をはじめ共演の板谷由夏井上芳雄時任三郎山本剛義監督が舞台挨拶に出席した。

男性キャストが多かった今作でドラマ初主演を務めた有村は、「板谷さんがいてくださるだけでホッとする。芝居の中でも、板谷さんと一緒にいる時はお芝居が自然に変わって。本当に居心地が良くて、私は大好きです」と大先輩である板谷の存在に感謝。板谷は「告白されちゃった(笑)。ありがとうございます」と嬉しそうにほほ笑み、「彼女(有村)の世代が持っているパワーというか、言葉にならない、見えないみんなを引っ張る力があると思った。それについて行こうと思っていました」と若手主演女優を立てていた。

さらに、有村は主人公・深雪(みゆき)を「とってもたくましくて、男気があって、かっこいいなと素直に思わせてくれる役」といい、「毎日必死で、主演っぽいことは全くできなかったのですが、とにかくいい作品にしようという思いだけを持って、最後まで走り抜けることができました」と出来栄えに胸を張った。

また、深雪の亡き父親役を演じた時任は、回想シーンのみの出演で有村とは挨拶をした程度だったと明かし、「深雪、大きくなったな! こんなに美しい女性に育つとは思ってなかったよ」と役になりきって有村に語りかけた。その様子に有村は大照れし、会場の笑いを誘っていた。

連続ドラマW「海に降る」は、朱野帰子氏の同名小説を原作に、亡き父の遺志を継ぎ、「しんかい6500」の日本人初となる女性パイロットになった天谷深雪(有村)が、深海へのあこがれや恐怖を抱きながら、未知の世界へ足を踏み出していく姿を描いた。全編4K収録を行い、ドラマでは日本で初めて、最新の映像技術であるHDR(ハイダイナミックレンジ)を採用して制作された。10月10日から毎週土曜午後10時放送。全6話で、第1話は無料放送。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi