アニメ映画「星の王子さま」と集英社「りぼん」がコラボ 映画公開前に読み切り漫画掲載 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月2日 > アニメ映画「星の王子さま」と集英社「りぼん」がコラボ 映画公開前に読み切り漫画掲載
メニュー

アニメ映画「星の王子さま」と集英社「りぼん」がコラボ 映画公開前に読み切り漫画掲載

2015年10月2日 14:50

集英社「りぼん」に「リトルプリンス」 読み切り漫画が掲載「星の王子さま」

集英社「りぼん」に「リトルプリンス」
読み切り漫画が掲載
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる不朽の名作「星の王子さま」を3DCGでアニメーション映画化した「リトルプリンス 星の王子さまと私」と、集英社の少女漫画誌「りぼん」の創刊60周年を記念したコラボレーションが決定。11月2日発売の「りぼん」12月号に、映画をコミカライズした読み切り漫画が掲載される。

映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」は、原作のその後の物語として、現代に生きるひとりの少女が主人公として登場。年老いた飛行士と少女の交流の中で、飛行士がかつて砂漠で出会った星の王子さまとのエピソードが語られていく。

「りぼん」に掲載される漫画を手がけるのは、「小さい恋のでっかいメロディ」などで知られる、同誌で人気の若手漫画家・木村恭子氏。映画を見て感動した木村氏は、49ページにおよぶ漫画を描き下ろした。

映画では9歳の少女が名門校に転入するために引っ越すところから始まるが、漫画では「りぼん」読者がより共感できるよう、主人公の少女は名門中学の入学を控えた日本の12歳の小学生に設定を変更。その他、キャラクターのデザインにもアレンジが加えられているものの、少女が「星の王子さま」のお話に出会うことにより変化し、やがて星の王子さまを探しに冒険に出るという映画の物語の基礎は変わらず、木村氏は「作品の軸になっている女の子の心の変化を、映画とぶれないように気をつけました。映画を見て、漫画と違うところを探すのも面白いかもです」と話している。

リトルプリンス 星の王子さまと私」は11月21日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi