「トレインスポッティング」続編は来夏クランクイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月30日 > 「トレインスポッティング」続編は来夏クランクイン
メニュー

「トレインスポッティング」続編は来夏クランクイン

2015年9月30日 12:05

前作主要キャストが続投!「トレインスポッティング」

前作主要キャストが続投!
Photo:Moviestore Collection/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 批評家絶賛の新作「スティーブ・ジョブズ」をプロモーション中のダニー・ボイル監督が、1996年の大ヒット作「トレインスポッティング」の続編を、16年夏に撮影すると明らかにした。

作家アービン・ウェルシュの同名小説を映画化した「トレインスポッティング」は、スコットランドを舞台に、ドラッグ中毒の若者たちの退廃的な日常をスタイリッシュな映像で綴り、ボイル監督と主演ユアン・マクレガージョニー・リー・ミラーロバート・カーライルの名を一躍世に知らしめた。「トレインスポッティング2(仮題)」の脚本は、前作の脚本家ジョン・ホッジが、ウェルシュの続編小説「ポルノ」の要素を取り入れつつ、独自の物語を執筆している。

米ハリウッド・レポーターのインタビューで、ボイル監督は「トレインスポッティング2(仮題)」について、来年5月、6月に撮影する計画であると語り、「4人全員(マクレガー、ミラー、カーライル、ユエン・ブレムナー)がカムバックする」とコメントした。ミラーが「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」、カーライルが「ワンス・アポン・ア・タイム」と、それぞれ米ドラマへのレギュラー出演契約があることから、撮影スケジュールはタイトになりそうだが、前作から20周年となる来年内の公開を目指しているようだ。

前作の予算はわずか200万ドル。続編はその何倍にも跳ね上がることが見込まれるが、ボイル監督は「2000万ドル以下にするつもりだ。だから、(スタジオから)僕らに映画のクリエイティブ・コントロールも委ねられるし、僕らが作りたいように作ることが出来る。これが自由に裁量できる最高額。もっと予算をつり上げることもできたが、僕らは前作のテイストを守るためにそうしなかった」と、あえて予算を低めに設定したことを明かした。そして、「当然だが俳優たちはこの作品の評価を大切にしていて、観客を失望させたり、ただの金儲けはしたくないと考えていた。だから実際、ジョンが書いた(続編の)脚本は、みんなからとても厳しい目で判断されたもので、それは素晴らしい出来なんだ」と語っている。

ボイル監督、マイケル・ファスベンダー主演の新作「スティーブ・ジョブズ」は、10月23日全米公開。

トレインスポッティング【廉価2500円版】[DVD] トレインスポッティング【廉価2500円版】[DVD] 最安価格: ¥2,571 監督ダニー・ボイル×主演ユアン・マクレガーで贈る、1990年代最高の陽気で悲惨な青春映画。
エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY DVD-BOX Part1[DVD] エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY DVD-BOX Part1[DVD] 最安価格: ¥6,155 神の推理とサイテーの性格。あの名探偵がNYに現れた!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi