日本映画もランクイン 「シリアルキラーの映画ベスト10」米サイト選出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月27日 > 日本映画もランクイン 「シリアルキラーの映画ベスト10」米サイト選出
メニュー

日本映画もランクイン 「シリアルキラーの映画ベスト10」米サイト選出

2015年9月27日 18:30

「セブン」の一場面「セブン」

「セブン」の一場面
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米サイトTaste of Cinemaが、「シリアルキラーの映画ベスト10」をピックアップした。

シリアルキラー(連続殺人犯)という言葉そのものは、1974年から78年にかけて、30人以上の女性を殺害したアメリカ人テッド・バンディを表現するために作られたもので、ある程度の期間にわたって複数の殺人を犯した場合に使われる。

第1位に選ばれたのは、デビッド・フィンチャー監督作「セブン」(1995)。キリスト教の7つの大罪に基づく猟奇連続殺人を追うふたりの刑事(ブラッド・ピットモーガン・フリーマン)を描いたサイコスリラーの傑作だ。フィンチャー監督作は、実在のシリアルキラーをテーマにした「ゾディアック」も4位にランクインしている。

また、日本映画は「復讐するは我にあり」(今村昌平監督)が7位に選ばれている。

ベスト10は以下の通り。

1.「セブン
2.「サイコ(1960)
3.「ヘンリー ある連続殺人鬼の記録」(1986)
4.「ゾディアック」(2007)
5.「羊たちの沈黙」(1991)
6.「殺人の追憶」(2003)
7.「復讐するは我にあり」(1979)
8.「アメリカン・サイコ」(2000)
9.「刑事グラハム 凍りついた欲望」(1986)
10.「フレイルティー 妄執」(2001)

セブン[Blu-ray/ブルーレイ] セブン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,178 キリスト教の7つの大罪にもとづく連続殺人に挑む新任刑事とベテラン刑事のコンビの姿を描いた、サイコ・サスペンス。
ゾディアック ディレクターズカット[Blu-ray/ブルーレイ] ゾディアック ディレクターズカット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 「セブン」「ファイト・クラブ」のデビッド・フィンチャー監督が放つ衝撃サスペンス!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi