劇団ひとり、初監督作「青天の霹靂」の製作費事情を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月20日 > 劇団ひとり、初監督作「青天の霹靂」の製作費事情を告白
メニュー

劇団ひとり、初監督作「青天の霹靂」の製作費事情を告白

2015年9月20日 20:30

トークを盛り上げた劇団ひとり&いとうせいこう「青天の霹靂」

トークを盛り上げた劇団ひとり&いとうせいこう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大泉洋が主演した映画「青天の霹靂」(2014)が9月20日、東京・台東区で開催中の「第8回したまちコメディ映画祭in台東」で上映され、監督を務めた劇団ひとりが浅草公会堂でのトークショーに出席した。劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を実写化した初監督作品。製作費を聞かれると「予算はぶっちゃけた話、2億円です」といい、「それはすごいと思ったんですけど、一番ポピュラーな予算らしいですね」と告白した。

さらに、「じゃあ興行収入はどれくらいいけばいいかって言うと、10億円っていうんですよ。2億円しか製作費にかけてないのに!」と明かし、「話を聞いたら、10億円のうち半分は映画館。残りの3億円が全部広告費ですって。今は製作費より、広告費の方がかかるんです」と当時の製作費事情を詳述。自身のギャラは「びっくりするくらい安かったです。ギャラのために映画撮ったわけじゃないですけど、時給を考えたら500円くらい」と笑いつつも、「改めて、映画監督でごはんを食べている人たちはすごい」と最敬礼だった。

また肝心の興行収入は、「ピッタリ10億円くらいだった」そうで、「これがもうちょっといっていれば、次があったんですけどね」と唇を噛んだ。公開時は「アナと雪の女王」が旋風を巻き起こしていたこともあり、「『アナ雪』フィーバーが来ちゃって、雪が降り積もりやがって。僕も劇場で2回見ましたけどね。『少しも寒くないわ』って、そりゃお前は寒くないだろうよ! こっちはキンキンだって」とジョークを飛ばし客席を沸かせていた。

売れないマジシャンの男(大泉)が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親(劇団ひとり柴咲コウ)と出会い、自分の出生の秘密を知っていく姿をユーモアと涙を交えながら描く。劇団ひとりは、本作のインスピレーションを得た場所を「荒木町のガラガラのマジックバー」と説明する。そして「ペーパーローズというマジックがあって、それにえらい感動しちゃって。映画にしたいと思って、その日の夜に小説を書き始めました」と話し、「1年くらいで書き終わって、幻冬舎に持って行って、映画にしたいと言ったら(配給の)東宝さんが乗って来てくれた」と感慨深げに振り返っていた。

「第8回したまちコメディ映画祭in台東」は、9月22日まで開催。

青天の霹靂 通常版 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 青天の霹靂 通常版 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 劇団ひとりが、「陰日向に咲く」に続く、自らの描き下ろし小説で監督デビュー。主演に大泉洋、ヒロインに柴咲コウをむかえ作り上げた、笑いと驚き、そして涙のエンターテイメント作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi