芥川賞作家・町田康氏「黒衣の刺客」の“美しさ”を大絶賛! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月18日 > 芥川賞作家・町田康氏「黒衣の刺客」の“美しさ”を大絶賛!
メニュー

芥川賞作家・町田康氏「黒衣の刺客」の“美しさ”を大絶賛!

2015年9月18日 15:20

「黒衣の刺客」の魅力を語った町田康氏「黒衣の刺客」

「黒衣の刺客」の魅力を語った町田康氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「きれぎれ」で芥川賞を受賞した作家の町田康氏が9月17日、東京・新宿ピカデリーで行われた、ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の8年ぶりとなる新作「黒衣の刺客」(公開中)のトークイベントに出席した。

町田氏は今作について、「僕たちは感じたことをすぐに言葉にして表すけれど、今作の主人公の女性は言葉をほとんど話さない。自分の与えられた運命を受け入れているところがすごく美しい。このまま4分くらいじっと見ていたいと思った」と大絶賛した。

また、本作に説明のセリフがないことに触れ、「言論で解決しようとか、理性で解決しようとか、論理で解決しようとか。そういうところから脱却しようとしているのかもしれないです。言葉を持っていないっていうのはいじらしい、美しい感じがする」と持論を展開した。

また、町田は「文學界」でホウ監督と対談を果たしており、「映画監督って独善的な人が多いけど(笑)。フレンドリーな方でした」とホウ監督の人柄を明かした。さらに、「監督は『演じている人が本当の人物になって、感情と俳優が一致した瞬間を重視した。その瞬間をつなぐとこうなった』とおっしゃっていた」とホウ監督の言葉に感銘を受けた様子で紹介。「観客としてのイマジネーションを働かせて見ることができる」と魅力を語っていた。

道姑(女性の道士)に少女時代に預けられたインニャン(スー・チー)は、完全な暗殺者に育て上げられていた。暴君テェン・ジアン(チャン・チェン)の暗殺を請け負うが、彼はかつての許婚だった。そして、任務中に窮地に追い込まれたインニャンは、難破した遣唐使船の日本青年(妻夫木聡)に助けられる。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi