「キングスマン」監督がコリン・ファース起用の理由を告白!特別映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月17日 > 「キングスマン」監督がコリン・ファース起用の理由を告白!特別映像公開
メニュー

「キングスマン」監督がコリン・ファース起用の理由を告白!特別映像公開

2015年9月17日 12:55

コリン・ファースが“キレッキレ”のアクションを見せる「キングスマン」

コリン・ファースが“キレッキレ”のアクションを見せる
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「キック・アス」(2010)、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(11)のマシュー・ボーン監督によるスパイアクション「キングスマン」の特別映像が公開された。主演のコリン・ファースに焦点を当てた内容となっている。

続編製作も話題となっている本作は、表の顔は英ロンドンの高級仕立て屋だが、実は一流スパイという裏の顔を持つハリー(ファース)の活躍と共に、亡き同僚の息子である青年エグジー(タロン・エガートン)を1人前のスパイへと育て上げていくさまが描かれる。

「よい映画というのは配役で決まる」という考えを持つボーン監督は、脚本を書いている当初は、1967年に製作された「007/カジノ・ロワイヤル」でジェームズ・ボンドを演じた故デビッド・ニーブンさんをイメージしていたそうで、「今の時代のデビッド・ニーブンといえば一体誰だ? となった。それからすぐに、コリン・ファースだと思いついた」とキャスティング経緯を明かす。ボーン監督と共に脚本を手がけたジェーン・ゴールドマンも「コリンの名前が挙がった途端に他の人は考えられなくなったわ。書き直しのときもコリンのことばかり思い浮かべていたの」とほれ込みようを熱く語る。

ボーン監督は、「コリンが人をたたきのめすところを見るのはものすごく面白いぞ」と、興奮した半面、「英国王のスピーチ」(10)や「裏切りのサーカス」(11)での重厚なキャラクターのイメージが強いファースが、オファーを受けてくれるかどうか不安があったという。だが、その心配は無用だったようで、「彼が懸命に取り組んでくれたからすべてうまくいった」と満足そうな表情を浮かべた。映像では、教会を舞台に、ハリーが凶暴化した人々とたった1人で戦うアクションシーンの撮影風景も映し出され、ファースがすばやい身のこなしを見せるほか、真剣なまなざしで打ち合わせをする姿が確認できる。

物語のもう1人の主役であるエグジーを演じたエガートンは、「コリンには権威の重みのようなものが備わっている。彼と共演できるなら、授業料を払ってもかまわない」と、劇中さながらの“師”への敬意を告白。「彼のおかげで、僕はこの撮影を乗り切れたようなものだ。いつもそばにいて手を貸し、助言をしてくれた」と感謝を述べた。ファースにとっても共演は刺激的だったそうで、「まったく違う世代の人たちとつながりを持つことは大切。本作ではその恩恵を十分に受けた」と、「師のように尊敬する存在」とするマイケル・ケインとの共演を含め、貴重な体験づくしだった撮影を振り返った。

キングスマン」は、公開中。

裏切りのサーカス スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 裏切りのサーカス スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 元MI6諜報員にして、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレが描く、リアル。英国ミステリーの歴史に燦然と輝く傑作、完全映画化!!
英国王のスピーチ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 英国王のスピーチ スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,063 第83回アカデミー賞作品賞など主要4部門受賞。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi