最も危険な映画はどれだ!世界のサスペンス、SFなど6作品が今冬初上陸 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月10日 > 最も危険な映画はどれだ!世界のサスペンス、SFなど6作品が今冬初上陸
メニュー

最も危険な映画はどれだ!世界のサスペンス、SFなど6作品が今冬初上陸

2015年9月10日 22:40

「悪魔は闇に蠢く」の一場面「悪魔は闇に蠢く」

「悪魔は闇に蠢く」の一場面
(C) 2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界の危険な映画を特集上映する「MDGP(モースト・デンジャラス・シネマグランプリ)2015」が、10月31日~12月11日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催される。「悪魔は闇に蠢く」(韓国)、「タイガー・ハウス」(イギリス・南アフリカ)、「暴走車 ランナウェイ・カー」(スペイン)、「ロシアン・スナイパー」(ロシア・ウクライナ)、「ザ・ファントム」(カザフスタン)、「400デイズ」(アメリカ)の6作品が日本初上陸し、公式レフェリーに就任した長州力のもと、観客の投票で最も危険な映画を決定する。

悪魔は闇に蠢く」は、「ローラーコースター!」のチョン・ギョンホ、「トガニ 幼き瞳の告発」のチョン・ユミ共演のサスペンス。ソウルの地下に張りめぐらされた下水道に潜み、人々を恐怖に引きずりこむ連続殺人鬼を描く。「アジョシ」のキム・セロンが、手話と表情のみで耳の不自由な少女を演じている。

タイガー・ハウス」は、「パイレーツ・オブ・カリビアン5(仮題)」の新ヒロインに抜てきされたカヤ・スコデラーリオ、「トランスポーター イグニション」のエド・スクレインが共演するスリラーアクションで、女子高生があい引きのため忍び込んだ恋人の家で強盗団に遭遇する。

ほかに、第72回ベネチア国際映画祭、第63回サンセバスチャン映画祭に正式出品されるサスペンス「暴走車 ランナウェイ・カー」、第2次世界大戦中ナチス兵309人を射殺した実在の女性スナイパーを描いた戦争ドラマ「ロシアン・スナイパー」、ブランドン・ラウス(「スーパーマン リターンズ」)主演で、謎の実験に参加した宇宙飛行士を襲う恐怖を描いたSFサスペンス「400デイズ」、「ターミネーター3」で悪役に挑んだクリスタナ・ローケンのSFアクション「ザ・ファントム」がスクリーンに登場する。

ロシアン・スナイパー」は10月31日、「タイガー・ハウス」は11月7日、「ザ・ファントム」は14日、「暴走車 ランナウェイ・カー」は21日、「悪魔は闇に蠢く」は28日、「400デイズ」は12月5日から1週間限定でレイトショー上映される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi