山田悠介原作「復讐したい」“ダブル主題歌”は、ROTTENGRAFFTYとlynch.! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月8日 > 山田悠介原作「復讐したい」“ダブル主題歌”は、ROTTENGRAFFTYとlynch.!
メニュー

山田悠介原作「復讐したい」“ダブル主題歌”は、ROTTENGRAFFTYとlynch.!

2015年9月8日 12:00

主題歌を担当するROTTENGRAFFTY(左)とlynch.(右)「復讐したい」

主題歌を担当するROTTENGRAFFTY(左)とlynch.(右)
(C)2015山田悠介/幻冬舎/「復讐したい」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・山田悠介氏の小説を映画化する「復讐したい」の主題歌が、ロックバンドROTTENGRAFFTYの新曲「P.I.L」とlynch.の新曲「BEAST」に決定し、異例の“ダブル主題歌”であることが分かった。

ROTTENGRAFFTYは1999年に京都で結成された5人組バンド。昨年行われた結成15周年ツアーは、各地でソールドアウトが続出。さらに結成当初から行っている自主企画イベント「ポルノ超特急」は、昨年から会場を1万人規模の京都パルスプラザに移して開催するほどの盛況ぶりを見せた。10月7日には、「P.I.L」収録のミニアルバム「Life Is Beautiful」リリースする。

一方、lynch.は2004年に結成された名古屋出身の5人組バンドで、3月11日に発売されたベストアルバム「10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST」が、オリコンデイリーチャートで5位のスマッシュヒットを記録。10月7日には、「BEAST」収録のフルアルバム「D.A.R.K. -In the name of evil-」をリリースする。

原作の山田氏は、園子温監督作「リアル鬼ごっこ」をはじめ、これまでにも「ライヴ」「パズル」「ビンゴ」「アバター」「×ゲーム」「親指さがし」など著書が多数映像化されており、本作も映像化のオファーが数多く寄せられた。原作は、家族を殺された遺族が「復讐法」にのっとり、決めれた4つのルールを厳守すれば犯人を殺すことができるという社会を舞台に、妻を殺された主人公が犯人を追いつめていく姿を描く。

復讐したい」は、今秋クランクインに向け、現在は出演者の選定、脚本執筆、ロケハンといったプリプロダクション作業が進行中。映画の公開は16年早春を予定。また、“ダブル主題歌”のみならず、挿入歌も複数のアーティストの起用を予定しているという。

親指さがし スタンダード・エディション[DVD] 親指さがし スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,162 原作:山田悠介×主演:三宅健で放つリアルサスペンスムービー。
ライヴ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ライヴ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 山田悠介のベストセラー小説が遂に映画化。世界的奇才・井口昇監督が自身のキャリアの到達点とし、かつての角川映画にありったけのオマージュをささげた奇想天外エンターテインメント大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi