ドウェイン・ジョンソンが明かす、「カリフォルニア・ダウン」こだわり尽くしの舞台裏 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月8日 > ドウェイン・ジョンソンが明かす、「カリフォルニア・ダウン」こだわり尽くしの舞台裏
メニュー

ドウェイン・ジョンソンが明かす、「カリフォルニア・ダウン」こだわり尽くしの舞台裏

2015年9月8日 19:00

“最強の父親”を体現した ドウェイン・ジョンソン「カリフォルニア・ダウン」

“最強の父親”を体現した
ドウェイン・ジョンソン
(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED,
WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米カリフォルニア州を襲った未曾有(みぞう)の大災害を描くディザスターアクション「カリフォルニア・ダウン」の公開を前に、主演のドウェイン・ジョンソンがインタビューに応じた。

映画は、レスキュー隊員のレイ(ジョンソン)が、サンフランシスコで被災した娘のため、危険を承知で救出に向かうさまをスリリングに描く。5月29日に全米公開され、全世界57カ国で週末興収ランキング第1位を獲得した。

本作の最大の強みは、なんと言っても圧巻のスペクタクル映像。“地球が割れる”といううたい文句も納得の巨大な地割れのほか、次々と崩れ落ちるビル群や橋、跡形もなくなった都市の姿がまざまざと描かれるが、ジョンソンによれば、地震学者をはじめとする専門家たちのバックアップのもと、徹底した考証を行ったという。

「すばらしい科学者たちに来てもらって、脚本の開発に関わってもらった。目標は映画を本物らしく、リアルに感じられるようにすること。もし震度9.6 の地震が起きたらどうなるのか、観客に映画に没頭してもらえるようにしたかったんだ」。ジョンソンは、そのかいあってか「科学者たちに、『脚本にあるすべてのことは実際に起こりうる』というお墨付きをもらえた」と誇らしげに語り、決して荒唐無稽な内容ではなく、「本当にいつ何時、地殻がずれて、地震を引き起こすことになるかわからない」という恐怖をしっかりと描いているからこそ、画面に説得力がもたらされていると説明した。

劇中では、ド派手な映像に負けじと、人命救助のエキスパートであるレイがさまざまな乗り物を操り、八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍を見せる。まさに“最強の父親”と呼ぶにふさわしい人物だが、ジョンソンは、そのほとんどのスタントを自分でこなした。「僕はヘリコプターを操縦した。パラシュートで降り、ボートを操縦し、ピックアップ・トラックを運転した。想像できうるすべてのことをやったんだ」。そのためにはヘリコプターを使った人命救助を行うオーストラリア・クイーンズランドの非営利法人ケアフライトなどに協力を仰ぎ、厳しい訓練に耐え抜かなければならなかったが、ジョンソンは、レスキュー隊員たちとの出会いによって「人間の本質は、災害から逃げるというものだけど、彼らはそこに走りこんで、人々の命を救うんだ」と、その勇気も学んだと明かした。

カリフォルニア・ダウン」は、「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」(2012)でもジョンソンと組んだブラッド・ペイトン監督がメガホンをとり、カーラ・グギーノアレクサンドラ・ダダリオポール・ジアマッティらが出演する。9月12日から全国公開。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島[Blu-ray/ブルーレイ] センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,190 東京ディズニーシーのアトラクションでも知られるジュール・ベルヌの冒険小説「地底旅行」を3D映画化した「センター・オブ・ジ・アース」(2008)の続編。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi