富田克也監督新作「バンコクナイツ」は「ゴリっとした映画」 ファンディング実施も発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月3日 > 富田克也監督新作「バンコクナイツ」は「ゴリっとした映画」 ファンディング実施も発表
メニュー

富田克也監督新作「バンコクナイツ」は「ゴリっとした映画」 ファンディング実施も発表

2015年9月3日 14:10

新作の概要を語った富田克也監督(右)「バンコクナイツ」

新作の概要を語った富田克也監督(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「サウダーヂ」の富田克也監督最新作「バンコクナイツ」のクランクイン直前イベントが9月2日、東京・渋谷WWWで行われ、ロードムービー風に撮影された特報と現地でのロケハン模様が公開された。また、10月20日からクラウドファンディングの実施も発表された。

全編タイおよびラオスロケを敢行予定で、10月のクランクインを前に富田監督は「娼婦、楽園、植民地」をテーマとした新作の概要を説明。ベトナム戦争の影響を被ったタイのイサーン地方から、アジア、日本の植民地の歴史をあぶりだす骨太な作品になるそうで、「こういう時代にゴリっとした映画があってもいい」と宣言した。

富田監督と共同脚本を手がける相澤虎之助らによる映画製作集団「空族」は、製作、配給、宣伝のすべてを自らの手で行っており、今回のクラウドファンディングは目標額を「1000万円」と設定。“怒りのデス・ロード方式”と題し、「もう観客ではいさせない」というメッセージとともに観客に向け支援を呼びかけた。

イベントには菊地成孔樋口泰人、soi48、スタジオ石(from stillichimiya)が参加。バンコクがアジア屈指の歓楽街を抱えるようになった経緯や、イサーン地方出身のタクシー運転手や風俗業に従事する出稼ぎ労働者が多い理由など作品のロケ地にまつわる解説や、劇中で用いられるイサーン地方の伝統音楽モーラムについてのレクチャーが行われた。「バンコクナイツ」は、2016年完成予定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi