「罪の余白」吉本実憂、始球式後に“モンスター女子高生”の役作りの苦労を告白! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月1日 > 「罪の余白」吉本実憂、始球式後に“モンスター女子高生”の役作りの苦労を告白!
メニュー

「罪の余白」吉本実憂、始球式後に“モンスター女子高生”の役作りの苦労を告白!

2015年9月1日 20:50

役柄とは打って変わって キュートな魅力を振りまいた吉本実憂「罪の余白」

役柄とは打って変わって
キュートな魅力を振りまいた吉本実憂
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第13回全日本国民的美少女コンテストでグランプリに輝いた吉本実憂が、ヒロイン役を務めたサスペンス「罪の余白」の公開を控えた9月1日、東京ドームで開催された北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ戦の始球式を行った。

映画は、第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞した芹沢央氏の処女小説を実写化した心理サスペンス。内野聖陽演じる行動心理学者・安藤が、校舎内で命を落とした娘の事件を調査するうち、娘の死とかかわりを持つ美しき女子高生・咲(吉本)に追いつめられていくさまを描く。

背中に「罪の余白」と縫いつけられたセーラー服姿でマウンドに上がった吉本は、観客に向かって「人の邪悪な部分を精いっぱい演じました」と出演作をアピール。2014年3月29日に続き、今回が2回目の始球式となったが、堂々としたピッチングを見せ、「ワンバウンドして悔しいけど、全力で投球したから100点です!」と元気いっぱいに語った。

目的のためには手段を選ばない咲を全身全霊で演じきった吉本だが、「咲は頭がよくて二面性がある。言ったことのないようなセリフも多いですし、向き合えるか不安でした」と、悩みながらの撮影であったことを吐露。約1カ月間の入念なリハーサルを経て役作りに励んだが、「お芝居は楽しいけれど、今回の役はどう楽しんだらいいかわからなかった。そんなときに、大塚(祐吉)監督から『相手がどうやったら傷つくかを楽しみなさい』とアドバイスをいただいた」と明かした。劇中では、咲と安藤の激しいののしりあいが繰り広げられるが、「内野さんとの共演は、引かずに、遠慮なしに演じました」と胸を張った。

罪の余白」は、谷村美月葵わかな宇野愛海吉田美佳子堀部圭亮利重剛加藤雅也らが脇を固める。10月3日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi