高良健吾、芥川龍之介に!「密のあわれ」で真木よう子に続き幽霊役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月31日 > 高良健吾、芥川龍之介に!「密のあわれ」で真木よう子に続き幽霊役
メニュー

高良健吾、芥川龍之介に!「密のあわれ」で真木よう子に続き幽霊役

2015年8月31日 06:00

「蜜のあわれ」で芥川龍之介に扮する高良健吾「蜜のあわれ」

「蜜のあわれ」で芥川龍之介に扮する高良健吾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が、石井岳龍監督の最新作「蜜のあわれ」に出演し、大正時代を代表する小説家・芥川龍之介に扮していることが明らかになった。

大正期に活躍した詩人・小説家の室生犀星の「蜜のあはれ」を映画化するもの。犀星の理想の“女(ひと)”の結晶といわれ、変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子と老作家の会話で構成された、超現実主義的小説だ。赤子を二階堂ふみ、老作家を大杉漣、老作家の過去の女・田村ゆり子の怪しげな幽霊を真木よう子が演じている。

高良が息吹を注ぐ芥川は、実際に犀星の近所で暮らし、死の前日にも犀星を訪ねたというほど親交が深かったという。アクタガワ役(劇中の役名)に挑んだ高良は「10代の頃、監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります。監督は現場でも、とてもかっこよかった。紳士だった。ロックだった」と心酔した模様。さらに、「僕は芥川龍之介の幽霊の役です。幽霊役も来るようになったかと不思議な喜びも感じました。石井岳龍監督の世界に参加できた喜びを感じています」と撮影を振り返っている。

メガホンをとった石井監督は「アクタガワの役は、最初から彼しか考えられなくて、どうしてもとプロデューサーに無理強いしました」と高良の才能を高く評価。そして、「努力家でじっくり役をつかんでいくタイプですね。久々にキレた方向の役だと思いますが、国民的作家の元祖があの世からよみがえり、鋭くすべてを射抜くような眼力で狂的な熱を発し微笑む姿を、静かに熱演してくれています。圧巻です」と今作での演技についても絶賛している。

蜜のあわれ」は、2016年に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi