米Time Out誌&俳優が選んだ「史上最高の映画100」 意外な1位は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月29日 > 米Time Out誌&俳優が選んだ「史上最高の映画100」 意外な1位は?
メニュー

米Time Out誌&俳優が選んだ「史上最高の映画100」 意外な1位は?

2015年8月29日 10:00

ダスティン・ホフマンが女装姿を披露した「トッツィー」「トッツィー」

ダスティン・ホフマンが女装姿を披露した「トッツィー」
写真:Moviestore Collection/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 情報誌Time Outニューヨーク版が、「史上最高の映画100」を発表した。

今回のランキングの特徴は、俳優たちへのアンケートを中心に集計した点にある。ジュリエット・ビノシュキリアン・マーフィハーレイ・ジョエル・オスメントサラ・ポーリーアンディ・サーキスビル・ヘイダーマイケル・C・ホールマイケル・シーンリリ・テイラーブリー・ラーソンアンソニー・マッキーレスリー・マンビルスティーブン・マーチャントサム・ライリーメアリー・エリザベス・ウィンステッドB・D・ウォンほか70人以上の俳優がそれぞれ挙げたベスト10をもとにランキングした。

その結果、第1位に選ばれたのは、シドニー・ポラック監督、ダスティン・ホフマン主演の「トッツィー」(1982)。ホフマン扮する売れない俳優マイケルが、女装してオーディションに合格し、売れっ子女優になっていく姿を描いた風刺コメディで、ホフマンの主演男優賞含め9部門でアカデミー賞にノミネートされた(ジェシカ・ラングが助演女優賞を受賞)。

大ヒットした傑作ではあるが、評論家や監督、映画ファンなどが選ぶ「史上最高の映画」ランキングでは通常上位に来ないタイプの作品。同じことは、3位のジョン・カサベテス監督、ジーナ・ローランズピーター・フォーク主演の「こわれゆく女」に関しても言えるだろう。

なお、日本映画は唯一76位に「東京物語」がランクインしている。

ベスト30までは以下の通り。

1.「トッツィー」(1982)
2.「ゴッドファーザー」(1972)
3.「こわれゆく女」(1974)
4.「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988)
5.「アラバマ物語」(1962)
6.「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
7.「アニー・ホール」(1977)
8.「ブギーナイツ」(1997)
9.「赤い靴」(1948)
10.「タクシードライバー」(1976)
11.「狼たちの午後」(1975)
12.「グッドフェローズ」(1990)
13.「ウィズネイルと僕」(1987)
14.「ケス」(1969)
15.「オズの魔法使」(1939)
16.「波止場(1954)
17.「シャイニング」(1980)
18.「奇跡の海」(1996)
19.「パルプ・フィクション」(1994)
20.「グラディエーター」(2000)
21.「憎しみ」(1995)
22.「ジョーズ」(1975)
23.「レイジング・ブル」(1980)
24.「バージニア・ウルフなんかこわくない」(1966)
25.「お熱いのがお好き」(1959)
26.「ファーゴ」(1996)
27.「ローズマリーの赤ちゃん」(1968)
28.「狩人の夜」(1955)
29.「チャイナタウン」(1974)
30.「アパートの鍵貸します」(1960)

トッツィー[Blu-ray/ブルーレイ] トッツィー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 いい役がもらえない役者の“マイケル”は、苦肉の策で女装して“ドロシー”と名乗り受けたオーディションに受かってしまう…。名優ダスティン・ホフマンが女装し、一世を風靡した珠玉のハート・ウォーミングコメディ。
ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,939 マフィアのボス・コルレオーネと、彼に忠誠を誓う“ファミリー”の姿を描いたマフィア映画の金字塔『ゴッドファーザー』シリーズ3部作に、特典ディスクを同梱した4枚組ブルーレイBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi