これが現代の戦争のリアル!「ドローン・オブ・ウォー」最新予告編&ポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月28日 > これが現代の戦争のリアル!「ドローン・オブ・ウォー」最新予告編&ポスター公開
メニュー

これが現代の戦争のリアル!「ドローン・オブ・ウォー」最新予告編&ポスター公開

2015年8月28日 10:00

イーサン・ホークが、ドローン操縦士の苦悩を体現「ドローン・オブ・ウォー」

イーサン・ホークが、ドローン操縦士の苦悩を体現
(C)2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF映画の金字塔「ガタカ」(1997)のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークが再タッグを組んだ「ドローン・オブ・ウォー」の最新予告編が完成し、最新のポスタービジュアルとともに公開された。

無人戦闘機“ドローン”を使った戦争の実態を描く本作は、敵国を空爆する任務についたアメリカ空軍のドローン操縦士トミー・イーガン少佐(ホーク)が、現実感のないままクリック1つで人命を奪う“戦争体験”と、家族との交流のなかで精神を病み、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられるさまをリアルに描く。

予告編では、ラスベガスの基地内から1万キロ以上離れた異国の地を走るトラックに照準を合わせ、「発射準備よし」「マスターアーム、オン」「発射態勢3、2、1……発射」と、淡々と任務を遂行するイーガンの姿や、ドローンを使った空からの偵察、さらに非戦闘員が周囲にいるにもかかわらず「米国の脅威だ。撃ってくれ」と命令され、イーガンが苦悶(くもん)の表情を浮かべながらもミサイルを撃ち、周囲を一掃するショッキングなシーンなどが次々と描かれ、上官とおぼしき人物が「これが我々の仕事だ」と告げるシーンで幕を閉じる。

ポスタービジュアルでは、悲愴(ひそう)な面持ちのホークが中心に配置され、その周囲に飛行機や人々の写真がちりばめられている。それらの写真にはすべて照準が合わされており、上部に配置されている爆発の瞬間をとらえた写真も相まって、基地内にいながらにして暗殺任務を行うイーガンの異常な日常がひと目でわかるデザインとなっている。

ドローン・オブ・ウォー」は、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013)のブルース・グリーンウッド、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)のゾーイ・クラビッツらが脇を固める。10月1日から全国公開。

スター・トレック イントゥ・ダークネス[Blu-ray/ブルーレイ] スター・トレック イントゥ・ダークネス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 J.J.エイブラムスが仕掛ける驚異のSFアクション・スペクタクル!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi