報道専門パパラッチ“ナイトクローラー”、素人カメラマンの台頭で減少中!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月28日 > 報道専門パパラッチ“ナイトクローラー”、素人カメラマンの台頭で減少中!?
メニュー

報道専門パパラッチ“ナイトクローラー”、素人カメラマンの台頭で減少中!?

2015年8月28日 13:41

けが人を助けることなく、ただありのままを映す「ナイトクローラー」

けが人を助けることなく、ただありのままを映す
(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェイク・ギレンホールが12キロもの減量に挑んだ「ナイトクローラー」に登場する報道専門パパラッチ“ナイトクローラー”は、世界各地に実在する職業であり、本作では実際のナイトクローラーたちが製作をバックアップしていることがわかった。

そもそも、“ナイトクローラー”という呼び名は造語で、業界では“ストリンガー”と呼ばれることが多く、フリーの映像ジャーナリストのことを指す。本作では、2013年11月30日(現地時間)に起こった故ポール・ウォーカーさんの自動車事故の映像を撮影したことで有名になり、映画と同じくロサンゼルスを拠点に活動するストリンガー会社「RMG Media」が、テクニカルアドバイザーとコンサルタントとして参加している。その活動は、事件・事故を映したものを中心に、ハリケーンや山火事、土砂崩れといった自然災害や、クマやサメといった動物に関わる映像まで、多岐にわたる。

本作では、ストリンガーの仕事にのめりこみ、刺激的な映像のためにはどんな手段も使う主人公・ルイス(ギレンホール)の姿が描かれるが、撮影前にストリンガーの取材に同行したダン・ギルロイ監督は、「君たちはルイスのようなことをする?」と聞いたと明かす。ストリンガーたちは「いや、そこまではやらないよ、法律は守る」と言いながら、「過去にトラックが止まってしまい、車を寄せてカメラを構えて15分ぐらい待っていたら、3台の車が玉突き事故を起こしたことがあったんだ」と意図的に警察を呼ばず、車の事故を待ち構えていたと受け取られかねない発言をしたという。ギルロイ監督はすぐさま「それって間違っていないか?」と問いただしたが、「僕らが事故を起こしたわけではないし、事故を防ぐのが僕らの仕事ではない」と返されたそうだ。

モラルが取りざたされる職業ながら、報道現場を支えてきたストリンガーたちだが、近年ではカメラ機能を搭載したスマートフォンの発達や、SNSの使用人口の増加により、テレビ局が一般市民の提供映像を積極的に採用し始めたあおりを食らって、その数は減少傾向にあるようだ。

ナイトクローラー」は、公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi