「わたしに会うまでの1600キロ」ジャン=マルク・バレ監督が撮影のこだわりを語る特別映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月27日 > 「わたしに会うまでの1600キロ」ジャン=マルク・バレ監督が撮影のこだわりを語る特別映像公開
メニュー

「わたしに会うまでの1600キロ」ジャン=マルク・バレ監督が撮影のこだわりを語る特別映像公開

2015年8月27日 14:40

「わたしに会うまでの1600キロ」メイキング画像「わたしに会うまでの1600キロ」

「わたしに会うまでの1600キロ」メイキング画像
(C)2014 Twentieth Century Fox.All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督、リース・ウィザースプーン主演の「わたしに会うまでの1600キロ」が、8月28日に公開される。第87回アカデミー賞で主演女優賞と助演女優賞の2部門にノミネートされた本作について、バレ監督が語る特別映像を映画.comが入手した。

実在の女性シェリル・ストレイド氏の自叙伝をもとに、最愛の母を失ったひとりの女性が、人生をリセットするために1600キロの徒歩旅に挑む姿を描く。ウィザースプーンがシェリル、ローラ・ダーンがシェリルの母を演じた。

このほど公開された映像では、ウィザースプーンが「視覚的メタファーを駆使して作品世界を表現するの」と監督の才能を称えるコメントからスタート。バレ監督は「映画作りは人生だ、毎日映画のことを考える」と熱を込めて話し、自らカメラを担ぎ、2台カメラの体制で撮影をする模様が映し出される。「ダラス・バイヤーズクラブ」ではマシュー・マコノヒージャレッド・レトにオスカーをもたらし、本作で2年連続となるオスカーノミネートを果たした。俳優から最高の演技を引き出す秘けつは「干渉しないこと」と話す。また、俳優に解放感を与えるために、100%自然光で撮影したと明かした。原作者シェリルも「この映画は私を変えた旅そのもの」とバレ監督の手腕に太鼓判を押している。

母の死に耐え切れず、優しい夫を裏切り薬と男に溺れて結婚生活を破綻させたシェリルは、人生を一からやり直すために1600キロ踏破の旅に出る。極寒の雪山や酷暑の砂漠に行く手を阻まれ、命の危険にさらされながらも、その過酷な道程の中でシェリルは自分と向き合っていく。

わたしに会うまでの1600キロ」は、8月28日からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

ダラス・バイヤーズクラブ[Blu-ray/ブルーレイ] ダラス・バイヤーズクラブ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,110 マシュー・マコノヒーが、エイズ患者を演じるため21キロにおよぶ減量を達成して役作りに挑み、第86回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した実録ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi