「この国の空」荒井晴彦監督、SNSでの批判に「ステレオタイプな戦争観」と反論 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月26日 > 「この国の空」荒井晴彦監督、SNSでの批判に「ステレオタイプな戦争観」と反論
メニュー

「この国の空」荒井晴彦監督、SNSでの批判に「ステレオタイプな戦争観」と反論

2015年8月26日 15:30

戦争への思いを語る石内都氏、荒井晴彦監督「この国の空」

戦争への思いを語る石内都氏、荒井晴彦監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「身も心も」(1997)以来18年ぶりのメガホン作「この国の空」が好評を博す荒井晴彦監督が8月25日、同作が上映されている東京・テアトル新宿でトークイベントを実施。「人々のささいな日常を描いたら珍しく評価されたみたい。ただ、僕らより若い世代がTwitterで『戦争の悲惨さが描かれていない』と批判している。ステレオタイプな戦争観をどこかで植えつけられたのか……」と反論した。

映画は、芥川賞作家・高井有一氏による同名小説を映画化。終戦間際の東京で「私は愛も知らずに、空襲で死ぬのでしょうか」と不安を抱えながら生きる19歳の里子(二階堂ふみ)が、妻子を疎開させて隣家で1人で暮らす銀行員・市毛(長谷川博己)に心惹かれていき、少女から女へと成長していく姿を描く。

トークイベントには荒井監督に加えて、写真家の石内都氏が出席。衣類を中心に広島の原爆遺品を被写体にした作品集「ひろしま」を発表しており、「私もよく『写真がきれい過ぎる』と批判される。戦争に対して、モノクロのイメージしかないんですね。実際には今も、色が残っているのに」と現代の風潮に首をかしげた。

本作のエンドロールでは女性詩人・茨木のり子の「わたしが一番きれいだったとき」が引用され、里子の揺れ動く心情を代弁している。「本当はタイトルにしたかったが、それは高井さんに失礼かなと思って。英語字幕版は、こっち(英訳した“When I Was Most Beautiful”)をタイトルにしました」(荒井監督)、「戦争が終わり、これから自立して生きていく里子さんにとって、指針のような詩。ストレートで、ある種の応援歌だと思う」(石内氏)と語っていた。

この国の空」は、二階堂、長谷川のほか、工藤夕貴富田靖子らが出演する。公開中。

身も心も[DVD] 身も心も[DVD] 最安価格: ¥3,759 全共闘世代の自己を端正なタッチで綴る大人の愛と官能の世界を奥田瑛二、かたせ梨乃、柄本明、永島暎子らが熱演。性につかまれた人間の哀しみを、壮絶なセックス描写で映し出す。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi