ヒラリー・スワンク、主演作「サヨナラの代わりに」で10年ぶりの来日決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月25日 > ヒラリー・スワンク、主演作「サヨナラの代わりに」で10年ぶりの来日決定
メニュー

ヒラリー・スワンク、主演作「サヨナラの代わりに」で10年ぶりの来日決定

2015年8月25日 10:00

オスカーに2度輝いたヒラリー・スワンクが2度目の来日「サヨナラの代わりに」

オスカーに2度輝いたヒラリー・スワンクが2度目の来日
(C)2014 D
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2度のアカデミー賞受賞歴を誇る米女優ヒラリー・スワンクが、主演作「サヨナラの代わりに」のプロモーションのため、10年ぶり2度目の来日を果たすことが決定した。これにあわせ、スワンクがプロデュースも兼ねた本作の予告編が公開された。

難病といわれる筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断された女性ケイトが、自由奔放な女子大生ベックと出会い、互いを尊重しながら恋愛、夢、自分らしい生き方を見つめなおしていくヒューマンドラマ。「ボーイズ・ドント・クライ」と「ミリオンダラー・ベイビー」でオスカーを獲得したスワンクがケイト、「オペラ座の怪人」のエミー・ロッサムがベックを演じ、「最後の初恋ジョージ・C・ウルフがメガホンをとった。

このほど公開された予告編では、35歳にしてALSを発症し車いすでの生活を余儀なくされたケイト(スワンク)と、夢をあきらめたベック(ロッサム)が、ともに泣き、ともに笑い、友情を育んでいく様子が描かれ、性格が正反対のふたりが絆を深めていく姿に希望を感じさせる内容となっている。

プロデューサーのアリソン・グリーンスパン(製作)とデニース・ディ・ノビ(製作総指揮)は、困難に立ち向かう女性を数多く演じてきたスワンクこそ主人公ケイトに適役だと考え打診。スワンクは原作小説「You're Not You」(ミシェル・ウィルドゲン著)を読み、「すぐに心を奪われた。考えるまでもなく参加を決めたわ」と語っており、製作も兼任した思い入れの強い本作を日本でどのようにアピールするのか期待が高まる。

サヨナラの代わりに」は、11月7日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

ボーイズ・ドント・クライ[Blu-ray/ブルーレイ] ボーイズ・ドント・クライ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,252 1999年度アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、世界各国の映画賞を獲得したヒラリー・スワンク主演の話題作。
最後の初恋[Blu-ray/ブルーレイ] 最後の初恋[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 ニコラス・スパークス原作を映画化。ノース・カロライナの小さな町を舞台に、日々の暮らしに疲れ果てた女と、悩みを抱え答えを見つけようと町にやってきた男が繰り広げるラブ・ロマンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi