山本美月、初座長映画の自己評価は“おまけ付き”で「100点」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月22日 > 山本美月、初座長映画の自己評価は“おまけ付き”で「100点」
メニュー

山本美月、初座長映画の自己評価は“おまけ付き”で「100点」

2015年8月22日 15:20

山本美月の初主演映画が公開「東京PRウーマン」

山本美月の初主演映画が公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース]モデルで女優の山本美月の初主演映画「東京PRウーマン」が8月22日、東京シネ・リーブル池袋などで封切られた。美月は共演の山本裕典井上正大とともに同館で舞台挨拶。観客の温かい拍手に迎えられ、「恥ずかしい。すごく緊張しているし、まだ実感は沸かないけれど、このニュースを見たらするのかな」と感慨深げな表情を浮かべた。

さえない銀行員がPR会社への転職をきっかけに成長していく物語で、美月のドS上司を演じた裕典は「現実的には見下されていたというか、小バカにされていたので、美月ちゃんをしかれて気持ち良かった」と満足げ。これに対し美月は、「裕典くんはけっこう適当というか、ムードメーカーなんだけれど、現場に台本を忘れていったことがあった」と暴露で応酬し、会場の笑いを誘った。

それでも座長としての自己採点を聞かれた美月は、「座長って、素敵な響きですね。スタッフやキャストの皆さんに助けられたのを含めて100点」と“おまけ付き”で満点評価。裕典は、「これからもっとグイグイいってもらいたいから99点」とエールを送りながら、「すごく頑張り屋で、明るく振る舞って皆を引っ張っていく姿勢を感じてすげえなと思った」と最敬礼だ。

恋人役だった井上も、「笑顔を振りまいてくれて、100点以外つけようがない」と最大級の賛辞。最後は、美月が劇中で見せる“大丈夫”ポーズを観客のリクエストに応じて3人そろって披露するなど仲の良さをアピールし、美月は「とてもPRしやすい映画なので、これからは皆さんの力でPRしてください」とタイトルに絡めてPRに努めていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi