チェコのへなちょこテディベア「クーキー」 オスカー監督が実写とパペット融合でリアルな自然界を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月22日 > チェコのへなちょこテディベア「クーキー」 オスカー監督が実写とパペット融合でリアルな自然界を描く
メニュー

チェコのへなちょこテディベア「クーキー」 オスカー監督が実写とパペット融合でリアルな自然界を描く

2015年8月22日 08:30

ヤン・スベラーク監督と息子オンジェイ「クーキー」

ヤン・スベラーク監督と息子オンジェイ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 甘えん坊のへなちょこテディベアが、大好きな持ち主のもとに帰るため冒険に出る――「コーリャ 愛のプラハ」でオスカー受賞歴を誇るチェコのヤン・スベラーク監督が、息子オンジェイ・スベラークら役者とパペットの演技で、アニメでもCGでもない新たなファンタジー「クーキー」を紡ぐ。

本作は、クーキーの冒険を通して見つめた少年の成長記だ。出発点は、若いころから映画製作に携わってきたスベラーク監督の「映画を撮る度に家族と離れて生活しなければならず、(3人いる子どものうち)ふたりはあっという間に成長してしまったので、オンドラはしっかりと成長を見届けようと思ったんです。そうして一緒に遊ぶなかで、オンドラを通じ自分の子ども時代をもう一度訪れてみたいと考えるようになったのです」という思いにあった。

当初、6人チームによる30日の撮影が予定されていたが、森や人形のリアルな動きへのこだわりから、最初の20分しかできあがらず撮影は暗礁に乗り上げる。その後、「資金を集めてクルーを増やし、1年後に再会してさらに70日間撮影したんです」と60人を越える大所帯で撮影日数100日という大規模なものとなったが、苦労の甲斐あって、スクリーンでは生き生きと息づくパペットたちを見ることができる。

「人形劇を実写で撮るというスタイルは、これまでなかったので参考にできる作品がありませんでした。普通の人形劇はストップモーションのアニメで撮影しますが、今回は風や光など常に条件が変わる外界で撮影しているので、ストップモーションが採用できず、ワイヤーなどをつけた操り人形をスローモーションで撮影しました。普通1秒24コマのところ、この作品は48コマで撮影しています。みなさんが見る映像は、実はスローモーション映像なんです。そうすることで、人形の視点に立ったときに重量感が出て、動きのひとつひとつにも今生きているような感覚を作り出すことができました」

冒険の舞台となる森、クーキーが出会う精霊たちなど、自然がキーワードのひとつとなっている。「リアルな自然界」にこだわり、「オンジェイと一緒にディズニーアニメなどたくさん見てきましたが、そこで描かれる自然はただただキレイなポストカードのようでした。自然は我々にとって重要なもので、森の精霊だったり静けさだったり、自然界のハーモニーやバランスは癒しを与えてくれます。我々自身も本来は自然の一部なのです。そこに立ち戻ってこういう作品を撮ってみたいと思いました」と厳しさも秘めた森の姿をとらえた。

「子どもたちに自然という世界を再発見してもらいたいです。コンピューターゲームで遊ぶのではなく、外に出ていろいろな発見をしながら遊んでほしい。大人には、もう一度子ども時代を訪れるチャンスになればと思っています。それぞれのおもちゃ箱を開けてもらうきっかけになればうれしいです。子ども時代というものは、人間にとってすごく大事な時期だと思うのです」

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

プリンス[DVD] プリンス[DVD]最安値: ¥3,016 クーキー[DVD] クーキー[DVD]最安値: ¥3,175 大鴉[DVD] 大鴉[DVD]最安値: ¥1,080
大鴉[DVD] 大鴉[DVD]最安値: ¥2,897 クーキー プレミアムDVDボックス【700セット限定生産】[DVD] クーキー プレミアムDVDボックス【700セット限定生産】[DVD]最安値: ¥5,728
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi