終末世界を舞台にした近未来版「怪傑ゾロ」製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月21日 > 終末世界を舞台にした近未来版「怪傑ゾロ」製作へ
メニュー

終末世界を舞台にした近未来版「怪傑ゾロ」製作へ

2015年8月21日 11:45

アントニオ・バンデラスの 「レジェンド・オブ・ゾロ」(2006)場面写真

アントニオ・バンデラスの
「レジェンド・オブ・ゾロ」(2006)場面写真
写真:Moviestore Collection/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10数年前から企画が進められている、近未来を舞台に「怪傑ゾロ」の物語を展開する新作映画「ゾロ・リボーン(Zorro Reborn)」が、新たな製作者を得て再始動することになった。

米ハリウッド・レポーターによれば、Lantica MediaとSobini Filmsが同作の共同製作に向けてパートナーシップを締結。2016年の撮影開始を目指し、これから監督その他スタッフの人選に入るという。

黒マスク姿のヒーロー、怪傑ゾロは、米作家ジョンストン・マッカレーの小説の主人公。これまでにも何度となく映画化され、ダグラス・フェアバンクスタイロン・パワーアラン・ドロンアントニオ・バンデラスらが演じてきた。

「ゾロ・リボーン(原題)」は、従来の19世紀という時代設定とは異なり、近未来の終末世界が舞台になることがわかっている。かつては20世紀フォックスのもとで進められていた企画で、一度はゾロ役にガエル・ガルシア・ベルナルの名が挙がっていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi