北村昭博の「ムカデ人間3」セリフは故ロジャー・エバート氏の批評が元ネタ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月21日 > 北村昭博の「ムカデ人間3」セリフは故ロジャー・エバート氏の批評が元ネタ
メニュー

北村昭博の「ムカデ人間3」セリフは故ロジャー・エバート氏の批評が元ネタ

2015年8月21日 20:15

「ムカデ人間」愛を語った北村昭博「ムカデ人間」

「ムカデ人間」愛を語った北村昭博
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ムカデ人間」(2009)でムカデ人間1号を演じた俳優・北村昭博が、シリーズ最新作「ムカデ人間3」の公開にあわせて来日し、東京・恵比寿の映画.com編集部を訪問。カメオ出演した第3弾にまつわる秘話を明かし、「ムカデ人間」愛をほとばしらせた。

第1作の全米公開時、アメリカを代表する評論家の故ロジャー・エバート氏は、「星の採点システムでは評価できない。この映画は星も輝かない世界を占拠している」と評しており、北村は「ただけなすだけではなく、本質を分かってくれている」と感じていたという。本作で、「アキ(北村)にぜひ言ってほしいセリフがある」というトム・シックス監督のオファーを受けてみると、エバート氏の言葉が「このゴミ映画は星も輝かぬ世界を占拠しているのだ」というセリフとなって用意されており、シックス監督の心意気に感激したようだ。

演技学校卒業後、映画業界での初仕事が「ムカデ人間」となった北村にとって、シックス監督は「僕を見つけてくれた人。いろいろな監督とやってきたけれど、一番大切な監督なのでどんな映画にでも出たい」と感じる存在だ。「オリジナル作品をつくらない映画監督なんて死も同然だという感じで、ぶれないんです。いつもニヤニヤしていますが、一緒に頑張っていこうという熱さがあるので尊敬できます。ファンのためにあのセリフを言ってほしいというのと同時に、戦友として僕に(現場を)共有してほしいと思ったのでは」と話に熱を帯びていく。

「ホラー映画のコンベンションに行っても、『悪魔のいけにえ』などレジェンドがいて、『ムカデ人間』が一番若い。そのなかに入っているのはすごいなと」と「ムカデ人間」はカルト作品としての地位を築いている。そんなシリーズに名を連ね「一俳優として、一人間として、これだけ愛されている作品に出るということは幸せです。毎日すごくパワーをもらっています」。そして、「(シックス監督は)『ムカデ人間』だけだと思われるのが一番嫌だと思うので、次回作の『The Onania Club』も『ムカデ人間』の上をいくようなオリジナリティをぶちかましてくると思います。出られたらいいですね」と意欲をのぞかせた。

ムカデ人間3」は、8月22日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi