東京国際フォーラムに巨大ヘリ!?「天空の蜂」完成披露に4000人興奮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月20日 > 東京国際フォーラムに巨大ヘリ!?「天空の蜂」完成披露に4000人興奮
メニュー

東京国際フォーラムに巨大ヘリ!?「天空の蜂」完成披露に4000人興奮

2015年8月20日 20:37

実物大のヘリバナーを背景にスタッフ&キャスト陣が勢ぞろい「天空の蜂」

実物大のヘリバナーを背景にスタッフ&キャスト陣が勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東野圭吾氏の人気小説を映画化したサスペンス大作「天空の蜂」の完成披露試写会が8月20日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、初共演を果たした主演の江口洋介本木雅弘をはじめ、綾野剛國村隼佐藤二朗、やべきょうすけ、松島花落合モトキ石橋けい永瀬匡秦基博堤幸彦監督が勢ぞろい。劇中と同じ全長34メートルの“巨大ヘリ”バナーが披露されると、駆けつけた4000人は大興奮だった。

自衛隊用の最新大型ヘリコプター“ビッグB”を乗っ取り、福井県にある原子力発電所の上空にホバリングさせるテロ事件が発生。国内の全原発を廃棄するよう要求する犯人“天空の蜂”に対し、ビッグBを開発した設計士の湯原(江口)と、原発の設計士・三島(本木)は、ヘリが燃料切れを迎える8時間以内の事態収拾を目指すが……。

江口は「8時間のジェットコースターに乗るような、巨大エンタテインメントを堪能してください。この映画の意味は、見ていただければ届くと思います」と自信のアピール。実際にヘリに乗り込み、上空で撮影したシーンについては、「正直、高いところは苦手ですが、監督がCGなしで撮るっておっしゃるので……。もう二度とやりたくないです」(江口)、「トム・クルーズばりですよ」(堤監督)と振り返った。

一方、本木にとっては「私事ですが、40代最後の作品」となり、「大きな意義がある作品に出演できてうれしい」と感無量の面持ち。江口とともにカーアクションに挑戦し「何度も撮るうちに、呼吸困難になるわで、内心ヘトヘト」と苦笑いを浮かべた。また、綾野は「この作品に出演できて、心から誇りに思う」と胸を張った。

メガホンをとった堤監督は、「私事ですが、50代最後の作品です」と本木のコメントに便乗。「東野先生が20年前にお書きになった小説は、まるで未来を予見している。ついこの前までCGの作業をしていて、完成までに手間がかかりましたが、とにもかくにも楽しんでいただければ」と客席に呼びかけていた。

天空の蜂」は9月12日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi