土屋太鳳、「まれ」クランクアップで大号泣!「やはり泣いてしまった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月20日 > 土屋太鳳、「まれ」クランクアップで大号泣!「やはり泣いてしまった」
メニュー

土屋太鳳、「まれ」クランクアップで大号泣!「やはり泣いてしまった」

2015年8月20日 19:10

土屋太鳳、泣き笑いで「まれ」クランクアップ!

土屋太鳳、泣き笑いで「まれ」クランクアップ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]現在放送中のNHK連続テレビ小説「まれ」が8月20日、東京・渋谷の同局スタジオでクランクアップし、ヒロインの土屋太鳳らが会見。サプライズでこれまでの思い出のシーンがモニターに流れると、土屋は笑顔のまま涙をこぼし、ついには手で顔を覆って大号泣した。

この日は土屋のほか、共演の山崎賢人清水富美加葉山奨之門脇麦渡辺大知高畑裕太が取材に応じた。持ちきれないほどの花束を受け取った土屋は、「頑張って泣かないようにしていましたが、やはり泣いてしまいました。改めて、この素晴らしいメンバーに出会えたことを感謝しています」と目を真っ赤にして共演者とスタッフに頭を下げた。さらに「まれちゃんがこれからも夢を追って歩いていくように、私もこの現場でもらった事をしっかり栄養にして、恩返ししていきたい」と、女優として一層の飛躍を誓った。

ヒロインの土屋を“夫”として支えた山崎は、慎重に言葉を選びながら「こんなにスタッフの方と仲良くなれたのは初めて。最高の仲間ができて本当に嬉しいです」と、約1年の撮影で築き上げた信頼関係に感謝。また、「太鳳ちゃんには、僕が夫として支えなきゃいけないのに、支えてもらっていて本当に感謝です」と挨拶し、土屋と抱き合った。

ほかのメンバーも涙を流し、「ヒロインは大変だったと思う」と声をそろえて土屋を労った。清水は「1年前の記者会見の時に、『太鳳ちゃんの後光を浴びながら頑張りたい』とふざけて言ったつもりだったのですが、本当にその通りだった。同い年なのに本当にすごい人。尊敬しています」と惜しみない称賛を送った。

土屋をヒロインに抜てきした高橋練チーフプロデューサーは、「本当にいいチームだったと思います。土屋さんは、人間としても女優としても、ひと回りもふた回りも大きくなり、タフになったんじゃないかと思う」と目を細め、今後の活躍に期待を寄せていた。

「まれ」最終回は、9月26日に放送。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi