荒井晴彦監督、30年かけて実現した「この国の空」の公開に感無量の面持ち : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月19日 > 荒井晴彦監督、30年かけて実現した「この国の空」の公開に感無量の面持ち
メニュー

荒井晴彦監督、30年かけて実現した「この国の空」の公開に感無量の面持ち

2015年8月19日 14:30

「この国の空」に寄せられた反響について語る荒井監督「この国の空」

「この国の空」に寄せられた反響について語る荒井監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 脚本家・荒井晴彦が8月15日、横浜シネマリンで開催中の上映イベント「脚本家・荒井晴彦が選ぶ戦争映画三選」に参加し、「身も心も」(97)以来18年ぶりに監督を務めた「この国の空」について語った。

芥川賞作家・高井有一氏による同名小説を映画化した本作は、終戦間近の東京で母と暮らす19歳の里子(二階堂ふみ)と、その隣人であり、妻子を疎開させて1人で暮らす38歳の銀行員・市毛(長谷川博己)の許されざる恋の結末を、繊細かつ官能的に描く。

荒井監督は、「『この国の空』の原作権を取ったのが、出版された当時だから30年前、それからシナリオの執筆に取りかかったのが7年前。原作者の高井さんにお願いした手前、ずっと気になっていた。長い年月をかけて、この企画が成立したこと自体が意義深いことだと思う」と、ライフワークともいえる作品が公開を迎えた喜びを語った。作品の反響においては「いい意味で賛否両論がでるかと思ったが、どの方面からも褒められていて慣れない。映画評論家の佐藤忠男さんから褒められたのは意外だった」と照れつつも喜びを隠せない様子。「見た人から神代辰巳監督の映画のようだ、とよく言われているけれど、それには自覚があって、二階堂さん演じる里子が畳で体をゴロゴロさせるシーンは“ここは神代でいこう”と現場でも言っていましたね。今の日本映画のスタンダードではなくて、昔の日本映画のそれをやってみたい、という思いがあった」と、舞台裏を明かした。

本作は戦後70年という節目の年に公開されたが、荒井監督は「戦争映画というのは少なからず、反戦映画の体をなすのだと思うのだけれど、戦地を描くとどうしてもアクション映画になってしまう。その視点は自分が映画を撮るのであれば違うと思っていた」と、戦時下を舞台としつつも、あくまで里子の恋愛を描くことに徹した理由を説明。さらに、「昔からシナリオを描いているけれど、戦争や難病のように片側に『死』がないと、恋愛は描きにくいと思っていた」と、“死と隣り合わせの恋”を描いた本作にもつながる己の美学に言及した。

なお、「脚本家・荒井晴彦が選ぶ戦争映画三選」では「春婦伝」(65)、「執炎」(64)、「赤線基地」(53)の3本が上映されており、荒井監督は「『赤線基地』を見て、リメイクしたくなった」と創作意欲をあらわにしていた。

この国の空」は、工藤夕貴富田靖子らが出演する。エンドロールでは、女流詩人・茨木のり子の「わたしが一番きれいだったとき」が使用されている。公開中。

身も心も[DVD] 身も心も[DVD] 最安価格: ¥3,759 全共闘世代の自己を端正なタッチで綴る大人の愛と官能の世界を奥田瑛二、かたせ梨乃、柄本明、永島暎子らが熱演。性につかまれた人間の哀しみを、壮絶なセックス描写で映し出す。
執炎[DVD] 執炎[DVD] 最安価格: ¥3,201 浅丘ルリ子の出演100本を記念して放つ、芸術祭参加作品。日活純愛映画の頂点を飾る、炎の女の物語!

関連DVD・ブルーレイ情報

身も心も[DVD] 身も心も[DVD]最安値: ¥3,759 この国の空[DVD] この国の空[DVD]最安値: ¥3,175 この国の空[Blu-ray/ブルーレイ] この国の空[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥2,538
執炎[DVD] 執炎[DVD]最安値: ¥3,201 問題のあるレストラン DVD BOX[DVD] 問題のあるレストラン DVD BOX[DVD]最安値: ¥14,317 SCOOP![Blu-ray/ブルーレイ] SCOOP![Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥3,640
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi