松井玲奈、SKE48卒業後はアメコミファンに転身!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月18日 > 松井玲奈、SKE48卒業後はアメコミファンに転身!?
メニュー

松井玲奈、SKE48卒業後はアメコミファンに転身!?

2015年8月18日 20:02

アメコミファン認定証を手にした 松井玲奈「ファンタスティック・フォー」

アメコミファン認定証を手にした
松井玲奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米マーベル・コミックスが生み出した世界初のヒーローユニットを描く「ファンタスティック・フォー」の日本最速上映イベントが8月18日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、アイドルグループ「SKE48」の松井玲奈が出席した。8月末でSKE48から卒業することを発表している松井だが、この日は「私、松井玲奈は、これからアメコミファンになれるように努めていきたいと思います!」と堂々宣言。“アメコミファン認定証”を手渡され、「これからいろんな作品のかっこいいキャラクターたちに出会えることを、楽しみにしています」と目を輝かせていた。

かねて漫画・アニメ好きを公言している松井は、「最近『キック・アス』を初めて見ました。皆さんからしたら、まだまだなんだろうなと思うんですが、その後に『アイアンマン』を見たりとかしました」とニッコリ。以前は「自分のなかでアメコミシリーズは遠い存在のイメージだった」そうだが、「自分の好きなもの(日本の漫画・アニメ)に近いジャンルだとわかったので、映画だけでなく原作コミックも読んでみたい気持ちになりました」と明かしていた。

さらに、今作の感想を「人間描写がとても丁寧に描かれています。特殊能力を持ってしまった自分が、その能力とどう向き合っていくのか苦悩する様子が丁寧に描かれていると感じました」。お気に入りのキャラクターは、灼熱の炎に変化し空を飛ぶ能力を持つヒューマン・トーチだといい、「自分が燃えたいなと思いました。空も飛んでみたいです。あれ、すごくかっこよかったですよね」とうっとりと語った。

また壇上では、7月に米サンディエゴで開催された「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」で、今作のパネルが行われた模様が上映。天才科学者・リード役を演じたマイルズ・テラーからのビデオメッセージも届き、客席のアメコミファンを喜ばせていた。

50年以上にわたり、アメリカを中心とする世界中のファンに愛され続けている「ファンタスティック・フォー」の友情と、新たな戦いを描く。10月9日から東京・TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi