生誕110年、名優・志村喬さん初の回顧展開幕 黒澤監督からの直筆メッセージも : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月18日 > 生誕110年、名優・志村喬さん初の回顧展開幕 黒澤監督からの直筆メッセージも
メニュー

生誕110年、名優・志村喬さん初の回顧展開幕 黒澤監督からの直筆メッセージも

2015年8月18日 18:20

400本以上の映画に出演した志村さんの生涯を追う「醉いどれ天使」

400本以上の映画に出演した志村さんの生涯を追う
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「七人の侍」、「生きる」など黒澤明監督作品を支えた名優・志村喬さんの生涯をたどる展覧会「生誕110年 映画俳優 志村喬」が8月18日、東京・京橋の国立近代美術館フィルムセンターで開幕した。

1934年に新興キネマ入りしてから、生涯で400本以上の映画に出演した志村さん。日活を経て43年に移籍した東宝で黒澤監督と出会い、デビュー作の「姿三四郎」をはじめ30本中実に21本に出演し、三船敏郎さんとともに黒澤映画の顔となった。

展覧会は、政子夫人(故人)を通じて同センターに寄贈されたコレクション約3700点の中からえりすぐった貴重な資料を展示。時代を追って幼少の頃の写真から代表的な出演作のスチル、撮影時のスナップ、黒澤作品の台本など、その生涯を詳細にたどる構成になっている。

特に、「醉いどれ天使」(1948)に主演が決まった際、黒澤監督が原稿用紙にしたためた直筆のメッセージも公開。「第一に、ズカリと役になる工風が肝要だと思ふ。(中略)役になってズカズカっと出て、そのまゝ何もせずにラスト・シーンまで持って行く位の腹でやって下さい。」(原文のまま)と、志村さんの器用さを見抜いた的確なアドバイスが送られている。

その「醉いどれ天使」の後、東宝争議によって映画製作がストップした際、闘争資金を得るために黒澤監督が演出した同作の舞台版の脚本も展示。その横浜国際劇場公演のパンフレットでは、一緒に上演したチェーホフの「結婚の申込み」も黒澤監督が演出していたことも明らかになっている。

同センターの岡田秀則主任研究員によれば、女優は過去に高峰秀子さん、田中絹代さん、香川京子を取り上げているが、男優をフォーカスするのは同センター初。「生涯に沿う形で、仕事の時の志村さんと仕事を離れた時の志村さんの両方が分かる構成になっている。志村さんの人生を語るのによくできたものになっている」と話した。

「生誕110年 映画俳優 志村喬」は12月23日まで。その間、9月26日~11月15日に代表作15本の上映も随時行われる。

姿三四郎[Blu-ray/ブルーレイ] 姿三四郎[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,553 修道館に入門したばかりの主人公が、猛者たちとの戦いを通して、柔道家として技能的にも精神的にも成長していく姿を描いた黒澤明監督の処女作。
七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 野武士の無法ぶりに悩む百姓たちに雇われた7人の侍たちの勇姿を描いた、巨匠黒澤明監督が贈る壮大なアクション・ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi