中川翔子、20匹のピカチュウと遭遇し感涙「現世に悔いなし!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月15日 > 中川翔子、20匹のピカチュウと遭遇し感涙「現世に悔いなし!」
メニュー

中川翔子、20匹のピカチュウと遭遇し感涙「現世に悔いなし!」

2015年8月15日 20:10

20匹のピカチュウがスペシャルパフォーマンス披露!「ジャンプ」

20匹のピカチュウがスペシャルパフォーマンス披露!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ポケットモンスター」の劇場版最新作「ポケモン・ザ・ムービーXY 『光輪(リング)の超魔神 フーパ』」の大ヒット御礼舞台挨拶が8月15日、横浜・イオンシネマみなとみらいで行われ、声優を務めた中川翔子が出席。みなとみらいエリアでは、1000匹以上のピカチュウが大量発生するイベントが開催中ということもあり、壇上には20匹のピカチュウが登場した。

小学生のころの夢が「ポケモンマスター」だったという中川の号令をきっかけに、ピカチュウたちはさまざまなアクションを披露。中川の「右向け右!」「ジャンプ!」の命令は軽々とこなしたが、「Choo Choo TRAIN」「耳だけ動かしてスクワット!」といった高難度の要求には混乱した様子を見せ、約400人の観客を爆笑させた。

さらに、中川が歌うテレビアニメ「ポケットモンスター XY」のEDテーマ曲「ドリドリ」にあわせ、ピカチュウたちはスペシャルパフォーマンスを敢行。ピカチュウたちが踊る姿を目の当たりにした中川は、感動のあまり涙を流し「私はアニメソングを歌うのが夢で、その夢をかなえてくれた『ドリドリ』にあわせてピカチュウが踊ってくれました! 夢と夢が合わさってまさにビッグバンドリーム! 現世に悔いなし! でもこんな奇跡がまた起こるなら、まだまだ死ねないですね(笑)」と大興奮の面持ちで語った。

また公開から約1カ月が経過したこの日、今作の累計観客動員が180万人を突破したことが発表。中川は「すごかりしです」と驚き、「本作は特にハリウッドを超える迫力とスケールで、私にとって人生のごほうびのような作品になりました。そんな作品に9年も連続で出演することが出来て、今でも夢のようです」と話していた。

映画は、「あらゆるものを取り出すことができるリング」を持つポケモンのフーパと出会ったサトシたちが、デセルシティに襲来した伝説のポケモンたちと戦いを繰り広げる。なお、1000匹以上のピカチュウが出現する「踊る? ピカチュウ大量発生チュウ!」は、8月16日までみなとみらいエリアで開催中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi