柳広司の小説「ジョーカー・ゲーム」、「攻殻機動隊」のProduction I.Gがアニメ化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月14日 > 柳広司の小説「ジョーカー・ゲーム」、「攻殻機動隊」のProduction I.Gがアニメ化!
メニュー

柳広司の小説「ジョーカー・ゲーム」、「攻殻機動隊」のProduction I.Gがアニメ化!

2015年8月14日 22:45

アニメ版 「ジョーカー・ゲーム」ティザービジュアル「ジョーカー・ゲーム」

アニメ版
「ジョーカー・ゲーム」ティザービジュアル
(C)柳広司・KADOKAWA
/JOKER GAME ANIMATION PROJECT
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 柳広司氏のスパイ小説「ジョーカー・ゲーム」(KADOKAWA刊)のアニメ化が決定した。「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」のProduction I.Gがアニメーション制作を担当し、監督を「攻殻機動隊 新劇場版」の野村和也が務める。

ジョーカー・ゲーム」は、世界大戦前夜の昭和12年を舞台に、帝国陸軍の“魔王”と呼ばれ、畏怖される結城中佐が極秘裏に設立したスパイ組織「D機関」の暗躍を描くミステリー。東京、上海、ロンドンと、世界各地を舞台に繰り広げられる知略と策謀が特長で、原作は2008年度「このミステリーがすごい!」で第2位、週刊文春ミステリーベスト10で第3位にランクイン。09年には、第30回吉川英治文学新人賞、第62回日本推理作家協会賞も受賞している。今年1月には入江悠監督のメガホンにより実写映画化された。

放送時期や放送局は未発表だが、漫画「DOGS/BULLETS&CARNAGE」やゲーム「セブンスドラゴンIII code:VFD」のキャラクターデザインで知られる三輪士郎氏がキャラクター原案を担当しており、三輪氏の描いたティザービジュアルが公開されている。

原作者の柳氏は、アニメ化に際して「登場人物のほとんどが“偽名を使い”“目立たないことを信条とする”スパイ。絵で魅せるアニメとは相反する作品だと思っていたが、アニメ化スタッフは“自分たちに不可能な任務(ミッション)など存在しない”と考える『ジョーカー・ゲーム』の登場人物さながらの、極めてプライドの高いアーティスト集団とのこと。今からできあがりが楽しみ」と期待のコメントを寄せている。

攻殻機動隊 新劇場版[Blu-ray/ブルーレイ] 攻殻機動隊 新劇場版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,342 2013~14年にかけて劇場上映された「攻殻機動隊ARISE」シリーズの劇場版となり、同シリーズを手がけてきた総監督・黄瀬和哉、脚本・冲方丁、音楽・コーネリアスといったスタッフが再結集。オリジナルストーリーで、主人公・草薙素子の過去と、彼女が率いる公安9課=通称:攻殻機動隊の誕生を描く。
ジョーカー・ゲーム【Blu-ray 豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] ジョーカー・ゲーム【Blu-ray 豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,593 2009年・第30回吉川英治文学新人賞や第62回日本推理作家協会賞を受賞した柳広司の同名スパイ小説を原作に、亀梨和也(KAT-TUN)、深田恭子、伊勢谷友介ら豪華キャスト共演で描いたスパイアクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi