ウィレム・デフォー&ノオミ・ラパス、一人っ子政策がテーマの新作SFで共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月14日 > ウィレム・デフォー&ノオミ・ラパス、一人っ子政策がテーマの新作SFで共演
メニュー

ウィレム・デフォー&ノオミ・ラパス、一人っ子政策がテーマの新作SFで共演

2015年8月14日 20:15

ウィレム・デフォー&ノオミ・ラパス「ヘンゼル&グレーテル」

ウィレム・デフォー&ノオミ・ラパス
写真提供:アマナイメージズ、Photo by David M. Benett
/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウィレム・デフォーが、ノオミ・ラパス主演の新作SFスリラー「What Happened to Monday?(原題)」に参加すると、米Deadlineが報じた。

トミー・ウィルコラ監督(「ヘンゼル&グレーテル」)がメガホンをとる同作は、人口過密により一人っ子政策が徹底された近未来を舞台に、7人姉妹がひとつのアイデンティティのもとで暮らす姿を描く。

マンデー(月曜日)からサンデー(日曜日)まで、曜日の通称を持つ7人姉妹は、自身の名と同じ曜日だけ、「カレン・セットマン」として外出ができるが、それ以外の曜日は家に引きこもっていなければならない。そんなある日、マンデーが外出先から戻って来ず……。

ラパスが姉妹役を演じるが、デフォーの役どころは不明。ほか、グレン・クローズが共演する。現在、ルーマニアのブカレストで撮影中だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi