山本美月「ボクは坊さん。」で人生初の白無垢姿 劇中写真が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月13日 > 山本美月「ボクは坊さん。」で人生初の白無垢姿 劇中写真が公開
メニュー

山本美月「ボクは坊さん。」で人生初の白無垢姿 劇中写真が公開

2015年8月13日 12:00

「ボクは坊さん。」劇中で 白無垢姿を初披露した山本美月「ボクは坊さん。」

「ボクは坊さん。」劇中で
白無垢姿を初披露した山本美月
(C)2015 映画「ボクは坊さん。」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルで女優の山本美月が、映画「ボクは坊さん。」で人生初の白無垢姿を披露していることがわかり、その姿をとらえた場面写真が公開された。

同作は、愛媛県今治市に実在する四国八十八カ所霊場栄福寺の住職・白川密成氏の体験談をつづったエッセイの映画化。祖父の死をきっかけに24歳で住職になった主人公・白川光円(伊藤淳史)が、初めて知るお坊さんの世界に悪戦苦闘しつつも成長していく姿を描き、山本はヒロインの京子役を演じている。

公開された写真は、山本演じる京子が栄福寺で結婚式を挙げるシーンでの白無垢姿を写した1枚だ。撮影時には、その美しい姿にスタッフの間ではため息ももれたそうで、山本は「いつか結婚式をするのであれば、ウエディングドレスがいいと思っていたので、この機会に白無垢を着ることが出きて良かったです!(笑) 白無垢はちゃんと、お嫁さんがキイに見えるように作られているんだと着てみて感じました」と喜びを語っている。

京子は主人公の光円と、その親友の真治(溝端淳平)の男2人と幼なじみで、2人とってのマドンナ的存在。光円や真治に人生を考えさせるきっかけにもなる重要な役どころで、山本は同役を演じるにあたり今治弁もマスター。伊藤や溝端とは初共演だったが、「すごく優しく仲良くしていただいたので、3人の関係性は凄くナチュラルな感じで演じられていると思います」と話している。

ボクは坊さん。」は10月24日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi