竹野内豊、初共演の松雪泰子と2人きりの場面少なく「ちょっと残念」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月10日 > 竹野内豊、初共演の松雪泰子と2人きりの場面少なく「ちょっと残念」
メニュー

竹野内豊、初共演の松雪泰子と2人きりの場面少なく「ちょっと残念」

2015年8月10日 22:45

舞台挨拶に登壇した竹野内豊、松雪泰子ら「at Home アットホーム」

舞台挨拶に登壇した竹野内豊、松雪泰子ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 竹野内豊の主演映画「at home アットホーム」のプレミアム試写会が8月10日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われ、竹野内をはじめ松雪泰子坂口健太郎黒島結菜池田優斗くん、メガホンとった蝶野博監督らが舞台挨拶に登壇した。

人気作家・本多孝好氏の短編小説「at home」をもとに、寄せ集めの擬似家族がささやかな幸せを守るために奮闘する姿を描いたドラマ。空き巣泥棒を生業とする父親・和彦役を演じた竹野内は、「みんなで頑張って作ってきた作品を送り出すことができて光栄です。いつか遠い記憶に埋もれてしまっても、あの映画よかったなと皆さんの心のどこかに伝わるものがあればうれしい」と力強く語った。

夫婦役を演じた竹野内と松雪は、初共演。竹野内は「ご本人が目の前にいるのにちょっと恥ずかしい」と照れながらも、「いつかご一緒したいとずっと思っていた」という。しかし、家族の物語のため2人きりのシーンは少なかったため「ちょっと残念」とこぼすと、会場を埋め尽くした約400人のファンからは笑い声があがった。それを受けて松雪は、「瞬間、瞬間に感性を爆発させる。毎回ハッとさせられました」と振り返った。

本作では、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔が結婚詐欺師役で映画デビューを果たしており、先輩の板尾創路は「ストーカーに追われている感じが役ににじみ出ていた」と後輩の健闘をねぎらった。村本は、共演シーンの多かった松雪を食事に誘おうと猛アピールするも玉砕した苦い思い出話を披露した。

at Home アットホーム」は8月22日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi