板野友美、映画初主演で「自分の殻を破った」!来春公開のホラー「のぞきめ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月6日 > 板野友美、映画初主演で「自分の殻を破った」!来春公開のホラー「のぞきめ」
メニュー

板野友美、映画初主演で「自分の殻を破った」!来春公開のホラー「のぞきめ」

2015年8月6日 07:00

板野友美が映画初主演を飾る「のぞきめ」「のぞきめ」

板野友美が映画初主演を飾る「のぞきめ」
(C)2015映画「のぞきめ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の板野友美が、来春公開の「のぞきめ」で映画初主演を果たしていることがわかった。撮影は既に終了しており、板野は「自分の殻を破った感じがしているので、映画の完成が待ち遠しいです。皆さんも、“新しい板野友美”を楽しみにお待ちください」と自信をのぞかせている。

同作は、「水魑の如き沈むもの」で本格ミステリ大賞を受賞している小説家・三津田信三氏による同名小説の映画化。窓やタンス、カーテンの隅など、日常のあらゆる場所に存在するほんの数ミリの隙間から視線を投げかけ、目のあった人間を恐怖のどん底に突き落とす「のぞきめ」という怪異現象を描いたホラー作品で、「トリハダ 劇場版」などを手がけてきた三木康一郎監督がメガホンをとった。

過去と現在、同じ場所で起きた異なる2つの時代の怪事件をベースに物語は進んでいき、板野は、現代に生きる主人公・三嶋彩乃役を演じている。テレビ局の新米ADとして働く彩乃は、ある青年の怪死事件を取材したことから、「のぞきめ」にまつわる真相を追うことになる。

「怖いものが苦手でホラー映画は一度も見たことがなかったので、お話をいただいた時はどうしようと思いました」という板野だが、「でも、やると決めてからは、いつもの私を捨てて、三木監督の演出に飛び込みました」と全身全霊でぶつかった。それだけに、「撮影を終えた今、自分の殻を破った感じがしているので、映画の完成が待ち遠しいです」と手ごたえを感じている様子だ。

三木監督も「いままで見たことのない板野友美の表情をどれだけ出す事ができるか? それを彼女とも分かち合い表現していったつもりです。今までにない板野友美。この『のぞきめ』で堪能してください」とコメントを寄せている。

あわせて、第1弾チラシとなるリバーシブル仕様のビジュアルも完成。一面には、「覗(のぞ)かれたら死ぬ」というコピーとともに、暗闇に浮かぶ目玉が大写しになっているが、よく見るとその眼球には不安げな板野の姿がとらえられている。そして、もう一面には、「板野友美すべて覗(のぞ)かれる」という刺激的なコピーとともに、振り返ったむき出しの板野の背中に、何者かの血痕がついた姿が描かれている。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi