タリバンに撃たれた少女マララさんのドキュメンタリーが12月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月6日 > タリバンに撃たれた少女マララさんのドキュメンタリーが12月公開
メニュー

タリバンに撃たれた少女マララさんのドキュメンタリーが12月公開

2015年8月6日 16:00

「わたしはマララ」の一場面「わたしはマララ」

「わたしはマララ」の一場面
(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女子が教育を受ける権利を訴えたことでタリバンに頭を撃たれ、一命をとりとめた後に2014年ノーベル平和賞の最年少受賞者となった17歳の少女、マララ・ユスフザイさんのドキュメンタリー映画が「わたしはマララ」の邦題で12月11日に公開することが決定した。

不都合な真実」のデイビス・グッゲンハイム監督による、フォックスサーチライトスタジオ初のドキュメンタリー作品。当時15歳だったマララさんと友人が、下校途中に銃撃された衝撃的な事件とともに、マララさんの出生、父がその名に込めた思いと、若き教育活動家となった少女の生い立ちを追う。

パキスタンのスワート渓谷で、詩人であり、学校を経営する父と、文字の読めない母の長女として生まれたマララさんは、BBCのために匿名で、タリバンに支配されたスワート渓谷の教育事情や生活をブログで書き始める。しかし、ニューヨークタイムズのドキュメンタリーに出演したことで身元が明らかになり、タリバンの標的となったマララさんは、2012年に友人と下校途中に銃で頭を撃たれ負傷。その後一命をとりとめ、パキスタンの教育活動家としての道を選びマララ基金を設立、現在も子どもの権利のため世界規模の活動を行っている。

わたしはマララ」は12月11日から、TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開。

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥927 2006年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞、地球崩壊と人類滅亡の危機を警告する、アル・ゴア前米副大統領のスライド講演の模様を彼自身の独白を交えつつ構成した衝撃のノンフィクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi