終戦70周年記念「戦場のピアニスト」初のデジタルリマスター版で1週間限定上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月5日 > 終戦70周年記念「戦場のピアニスト」初のデジタルリマスター版で1週間限定上映
メニュー

終戦70周年記念「戦場のピアニスト」初のデジタルリマスター版で1週間限定上映

2015年8月5日 08:30

ロマン・ポランスキー監督の名作が デジタルリマスター化「戦場のピアニスト」

ロマン・ポランスキー監督の名作が
デジタルリマスター化
(C) 2002 STUDIOCANAL – HERITAGE FILMS
– STUDIO BABELSBERG –RUN TEAM Ltd
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第2次世界大戦でナチスの犠牲となった人々の悲劇を描き、第55回カンヌ映画祭で最高賞パルムドール、第75回アカデミー賞では監督賞など主要3部門受賞したロマン・ポランスキー監督の名作「戦場のピアニスト」が、終戦70周年を記念して、DCPデジタルリマスター化され、8月28日から1週間限定で初めてデジタル上映することが決定。あわせてリニューアルしたポスタービジュアルが公開された。

幼い頃をクラクフのゲットーで過ごし、母を収容所で亡くした経験を持つポランスキー監督が、ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニストの自伝をエイドリアン・ブロディ主演で映画化。劇場初公開時は、35ミリプリントのみでの上映だった。

1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻したとき、ウワディスワフ・シュピルマンはワルシャワの放送局で演奏するピアニストだった。ワルシャワ陥落後、ユダヤ人はゲットーに移住させられ、飢えや無差別殺人に脅える日々を強いられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所へ移されるなか、シュピルマンは奇跡的に死を免れ、ワルシャワ蜂起を目撃する。必死に身を隠し、ただ生き延びることだけを考えるシュピルマン。だがある晩、遂に一人のドイツ人将校に見つかってしまう。

戦場のピアニスト」デジタルリマスター版は8月28日、TOHOシネマズシャンテでモーニングショー(限定1週間)上映、そのほか全国で順次公開。

戦場のピアニスト 公開10周年記念 スペシャル・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 戦場のピアニスト 公開10周年記念 スペシャル・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 戦火を生き抜いた天才ピアニストの真実の物語。実在したポーランド人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝を、ロマン・ポランスキー監督が自らの体験を重ねて映像化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi