「百円の恋」が海外映画祭で2冠達成!主演・安藤サクラは女性初の受賞も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月4日 > 「百円の恋」が海外映画祭で2冠達成!主演・安藤サクラは女性初の受賞も
メニュー

「百円の恋」が海外映画祭で2冠達成!主演・安藤サクラは女性初の受賞も

2015年8月4日 15:30

「第4回CUT ABOVE賞」に輝いた安藤サクラ「百円の恋」

「第4回CUT ABOVE賞」に輝いた安藤サクラ
(C)2014東映ビデオ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品賞をはじめ、国内映画賞10冠に輝いた武正晴監督作「百円の恋」が、海外の映画祭で2冠を達成した。

7月9~19日(現地時間)に米ニューヨークで開催された、北米最大級の日本映画祭「第9回JAPAN CUTS」で、主演の安藤サクラが「第4回CUT ABOVE賞 for Outstanding Performance in Film」に輝いた。日本映画に貢献した人物を称える同賞は、これまで役所広司豊田利晃監督、北村一輝に贈られたが、女性の受賞は初となる。

さらに、7月16~26日に韓国で行われた第19回プチョン国際ファンタスティック映画祭では、最も注目すべきアジア映画に与えられる「NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)」を受賞した。同映画祭では、世界45カ国から寄せられた235作品が上映。邦画では成島出監督作「ソロモンの偽証」、吉田大八監督作「紙の月」、堤幸彦監督作「イニシエーション・ラブ」など33作品が出品されたが、「百円の恋」が唯一の戴冠となった。

今後も、カナダのファンタジア国際映画祭、米サンフランシスコ日本映画祭、仏KINOTAYO映画祭などへの出品や、中国、香港、台湾をはじめとする世界18の国と地域での公開も決定。スタッフ・キャストが全身全霊をささげた本作の快進撃は、とどまるところを知らない様子だ。

2012年周南映画祭の「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武監督のメガホンで映画化。不器用でどん底の生活を送っていた32歳の一子(安藤)が、中年ボクサーの狩野(新井浩文)やボクシングと出会い、変化していく姿を描く。

百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,094 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi