三浦春馬&水原希子が「進撃の巨人」に“捧げた”熱き心意気 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年8月2日 > 三浦春馬&水原希子が「進撃の巨人」に“捧げた”熱き心意気
メニュー

三浦春馬&水原希子が「進撃の巨人」に“捧げた”熱き心意気

2015年8月2日 11:30

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に 主演した三浦春馬とヒロインの水原希子

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に
主演した三浦春馬とヒロインの水原希子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 諫山創氏の大人気漫画「進撃の巨人」の実写映画化が発表されたのは、2011年12月だった。しかし製作は一旦白紙となり、樋口真嗣監督のもと新プロジェクトとして始動することになったのが、12年の秋。昨年5月11日に長崎・端島(通称・軍艦島)で撮入以来、主人公エレンを演じ“座長”として現場をけん引した三浦春馬、ヒロインのミカサに扮した水原希子に話を聞いた。(取材・文/編集部、写真/根田拓也)

原作の知名度の高さゆえ、大きな挑戦になることは誰の目にも明らかなことだったが、2人は出演することに何のためらいもなかった。ミカサ役のオファーを受けた水原が口火を切る。「オファーをいただけて嬉しかった。私としては断る理由がないですよ。ミカサは人気のキャラクターですから、賛否両論が起こるだろうなあと思いましたけれど、やらないわけにはいかないと思いました。それだけに、自分に出来ることは全てやらなきゃいけないし、いろんな意味で腹をくくった決断だったと思いますね」。

水原の話を聞き終えた三浦は、静かな口調で同調する。「お話をいただいた時に即決しました。オファーをいただく1年半ほど前、『進撃の巨人』が実写化されるという噂を聞いたんです。役者の先輩方もそういう情報を耳にしていたようなので、信憑性の高い話なんだろうなと思っていたんです。ですから、お話をいただいた時って撮り終えているか、撮影のさなかだと思っていたので、本当にびっくりしましたね。ただ、原作の大ファンでしたし、映像の中で立体機動装置で空を飛べるんだと思ったとき、嬉しかったですしこの映画に出演したいと思ったんです」。

今作は、謎のヒト型怪物・巨人たちが支配する世界を舞台に、巨大な防護壁の内側で生活する人類と、壁を越えて侵入してきた巨人たちの壮絶な戦いを描く。三浦が演じたエレンに対しては、原作の諫山氏から「原作のままのようなストレートな熱血漢にしないでほしい」と要望があった。そのため、母親を巨人に殺されたことが行動原理になっている原作の設定ではなく、生まれた時から壁の内側での生活を余儀なくされた閉塞感を打破したいと願いながらも、やりたい事が具体的に見つからない現代の若者を象徴するようなキャラクターへと変更が加えられた。

「根底には、原作のエレン像を置いておきたいと思った」と話す三浦は、「何か困難に立ち向かうとき、がむしゃらで、とてもまっすぐ。そういった部分が痛々しく見える瞬間もあれば、青臭く見える瞬間もある。特に今回はエモーショナルな部分に特化して演じていたように思います」とエレンを構築していった。そして、「とにかく感情だけでまっすぐやってみるということ。僕の場合、普段『こういうシーンの場合はああした方がいいんじゃないか』とか、技術的なことを含めて考えてしまいがちなんです。そういうことではなく、気持ちを温めて、それをそのまま芝居で表現するという事に重きを置いてみようと思ったんです。もちろん、時には考えてしまうことはありましたが」と明かす。

一方の水原は、ミカサという役へのアプローチとして「すごくポーカーフェイスで感情を表に出すタイプではないですよね。ただ、内面は常にいろんな事を感じている、エモーショナルなキャラクターだと思うんですよ。その事を敏感に感じ取ることを、まずは心がけていましたね」と肉付けしていったことを振り返る。さらに、「時にはミカサが自分をコントロールできないくらいのエモーショナル感、ある意味ではミカサらしくない行動を取っちゃうところを表現するのは難しかったですね。あと、どのシーンにおいても基本的に絶望的な状況でしたから、精神的に疲れました(笑)」と筆者の目をまっすぐ見据えながら語った。

そして、激しいアクションシーンが全編にちりばめられている今作にあって、立体機動装置で飛ぶ演技について触れないわけにはいかない。腰に装着した装置から飛び出るワイヤーの先端にあるアンカーを巨人の体や建造物に突き立て、ワイヤーを巻き取ることで高速移動を可能にする装備で、原作ファンにはおなじみだ。今作で実体化させるため、扮装統括の柘植がシチュエーションによって軽量タイプから重量感のあるリアルなものまで、3種類を制作した。

装置を身につけて飛ぶシーンはワイヤーアクションによるものだが、トレーニングは過酷を極め、水原は1日に8時間もワイヤーの練習を続けたことがあるそうで「普通のアクションではないし、普通のワイヤーアクションでもないじゃないですか。2度と経験することができない、すごく特殊なものだったので、見せ方にもこだわりましたね」と述懐。一方の三浦は、「だいたいどのカットも、大きなファンで風をおくられ、その風に乗せて粉をまかれ、小さなゴミに見立てた発泡スチロールが飛ばされるんです。それが樋口監督の世界観を表現するひとつの技法なんですが、巨人におののいている表情をするにあたって目を見開いていると、スタートがかかる前から目にゴミが入るんです。目が痛い、目をつむりたいという生理現象を押さえながらの芝居でしたから、本当に大変でした」と苦笑いを浮かべると、水原も「体が反応してしまうことを止めないといけないから、あれは大変でしたよね。全員ががむしゃらでした」と頬を緩め、三浦と笑い合った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi