リドリー・スコット監督、ディカプリオ主演でウィンズロウ「犬の力」映画化へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月30日 > リドリー・スコット監督、ディカプリオ主演でウィンズロウ「犬の力」映画化へ
メニュー

リドリー・スコット監督、ディカプリオ主演でウィンズロウ「犬の力」映画化へ

2015年7月30日 19:00

「犬の力」映画化でタッグ「野蛮なやつら SAVAGES」

「犬の力」映画化でタッグ
写真:Abaca USA/アフロ、
Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images for Tag-Heuer
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 約2年前から進められている、米作家ドン・ウィンズロウの傑作長編小説「犬の力(原題:Power of the Dog)」の映画化プロジェクト「ザ・カルテル(原題)」が、大きく進展した。

20世紀フォックスが同作を獲得し、監督にリドリー・スコットを起用。さらに、レオナルド・ディカプリオが出演交渉に入ったという。米ハリウッド・レポーターと米Deadlineがそれぞれ報じた。

「ザ・カルテル(原題)」は、「犬の力」とその続編小説「ザ・カルテル」をもとに映画化する。原作は、米DEA(麻薬取締局)エージェントのアート・ケラーを主人公に、ラテンアメリカの麻薬カルテルとの30年間にわたる麻薬戦争を描いた大長編。ディカプリオはケラー役で交渉中だと見られる。ケラーと対決するカルテルのリーダー、アダン・バレーラも非常に魅力的な役どころで、今後のキャスティングに注目が集まる。

Deadlineによれば、フォックスは2冊の小説とその脚本に対して、あわせて約600万ドル(約7.5億円)の超高額オファーをしたという。映画「ザ・カルテル」は、同じくウィンズロウ原作のオリバー・ストーン監督作「野蛮なやつら SAVAGES」を手がけたシェーン・サレルノがプロデュース。これまでのところ、脚本をサレルノと、スウェーデン版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本家コンビとして知られるニコライ・アーセルラスムス・ハイスタバーグが共同で執筆している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi