難航中のP・コーンウェル「検屍官」映画化に新プロデューサー&脚本家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月29日 > 難航中のP・コーンウェル「検屍官」映画化に新プロデューサー&脚本家
メニュー

難航中のP・コーンウェル「検屍官」映画化に新プロデューサー&脚本家

2015年7月29日 22:15

リズ・フリードマンとメリッサ・ローゼンバーグ

リズ・フリードマンとメリッサ・ローゼンバーグ
Photo by Valerie Macon/Getty Images、Photo by Chelsea Lauren/
Getty Images for Los Angeles Confidential
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米作家パトリシア・コーンウェルの大ベストセラーで、女性検屍官ケイ・スカーペッタが活躍する「検屍官」シリーズの映画化プロジェクトが立ち上がったのは、2009年のこと。以来ほとんど動きがなく、その後13年の時点で15年公開に向けて再始動すると報じられたものの、やはり進展が見られなかった。

しかしこのほど、米Deadlineによれば、マーベルのネットフリックス向けシリーズ「ジェシカ・ジョーンズ」のプロデューサーであるリズ・フリードマンメリッサ・ローゼンバーグが同プロジェクトに参加。また、「オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック」「Dr.HOUSE」の脚本家としても知られるフリードマンが、「検屍官」映画版の脚本を手がけるという。

「検屍官」映画化は米Fox2000のプロジェクトで、当初はアンジェリーナ・ジョリーがスカーペッタ役で主演することを前提に進められてきたが、現時点でのジョリーの動向は不明。なお、コーンウェルは自作の映像化に関して非常に慎重なため、これほどのベストセラー作家としては意外なことだが、これまで1作も映画化されていない(「捜査官ガラーノ」シリーズのテレビ映画2本のみ)。

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス コンプリート ブルーレイBO...[Blu-ray/ブルーレイ] Dr.HOUSE/ドクター・ハウス コンプリート ブルーレイBO...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥15,616 “人はウソをつく”が口癖、偏屈で無愛想だが天才的な頭脳を持つ診断医グレゴリー・ハウスが、若い医療の専門家たちのチームと共に、他の医師たちが解明できなかった難病の原因や治療法を突き止めていく姿を描く医療ミステリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi