「ナルト」原作・岸本斉史氏、続編への期待に苦笑「休ませてください」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月28日 > 「ナルト」原作・岸本斉史氏、続編への期待に苦笑「休ませてください」
メニュー

「ナルト」原作・岸本斉史氏、続編への期待に苦笑「休ませてください」

2015年7月28日 20:30

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」ついに完成!「BORUTO NARUTO THE MOVIE」

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」ついに完成!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岸本斉史氏の大ヒット漫画「NARUTO ナルト」の主人公うずまきナルトの息子・うずまきボルトを主人公に描く劇場用アニメーション「BORUTO NARUTO THE MOVIE」の完成披露試写会が7月28日、東京・霞が関のイイノホールで行われ、ボルトの声を演じた三瓶由布子をはじめ、竹内順子菊池こころ杉山紀彰小野賢章浪川大輔の声優陣と、岸本氏が舞台挨拶に出席した。

いちファンとして今作の公開をニュースで知ったという三瓶は、「(映画化が)楽しみだなと期待した。でもいざ自分がやることになったら、この期待が自分に向けられているんだと思って、眠れませんでした」と緊張の面持ちで語った。しかし出来栄えには自信をのぞかせ、「続きが気になる映画です」と岸本氏をチラリ。「これ以上のものは描けない」と公言している岸本氏は、消え入りそうな声で「無理です。もう休ませてください」と苦笑していた。

そんな岸本氏も、映画については「完璧です。大満足でした。自分で描いておいてなんですが、バッチリです」と満面の笑みを浮かべ、「ナルトのお決まりのセリフは入れるようにしたので、ファンの方に喜んでもらえると思う。この映画のために連載以上に頑張って力を注ぎ込んできました」と胸を張った。さらに、「うちの息子もボルトくらい大きくなって、ほとんど自分の私生活をそのまま映画にしたようになってしまいました」と告白し、観客の興味をあおっていた。

この日は、主題歌を担当した4人組ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」も応援に駆け付け、「ダイバー」を生演奏。熱のこもった演奏に、登壇陣と客席からは惜しみない拍手が送られた。岸本氏は同バンドを「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)以来の鳥肌が立った」と大絶賛。「かっこよかったです。泣きそうになっちゃった」と感動を隠し切れない様子で語っていた。

「NARUTO ナルト」は、2014年11月に「週刊少年ジャンプ」で15年間にわたる連載を終了し、同年12月6日に公開された映画「THE LAST NARUTO THE MOVIE」を皮切りに、「NARUTO新時代開幕プロジェクト」をスタート。今作はその集大成として、岸本氏が原作、脚本、キャラクターデザイン、そして製作総指揮を兼任している。

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-(完全生産...[Blu-ray/ブルーレイ] THE LAST -NARUTO THE MOVIE-(完全生産...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,299 『NARUTO-ナルト-』完結!ナルトとサスケの因縁の戦いが決着した木ノ葉隠れの里から2年後を描く―。豪華特典付きの完全生産限定版。
NARUTO:THE BRAVE STORIES I「風影を奪還せよ」(完全生産限定版)[DVD] NARUTO:THE BRAVE STORIES I「風影を奪還せよ」(完全生産限定版)[DVD] 最安価格: ¥13,478 「NARUTO-ナルト- 疾風伝」初のDVD-BOXが発売。第221話「帰郷」~第252話「風影の帰還」までを収録した8枚組DVD-BOX第1弾。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi