ベン・アフレック監督次回作、D・ルヘイン原作「夜に生きる」が11月に撮入へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月21日 > ベン・アフレック監督次回作、D・ルヘイン原作「夜に生きる」が11月に撮入へ
メニュー

ベン・アフレック監督次回作、D・ルヘイン原作「夜に生きる」が11月に撮入へ

2015年7月21日 10:15

ベン・アフレック「アルゴ」

ベン・アフレック
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督第3作「アルゴ」(2012)でアカデミー賞作品賞を含む3部門を制して以来となる、ベン・アフレックの次回監督作「リブ・バイ・ナイト(原題)」が今年11月にようやくクランクインすると、米バラエティが報じた。

本作は、米作家デニス・ルヘインのギャング小説「運命の日」(08)とその続編「夜に生きる」(12)の映画化。禁酒法時代末期のボストンを舞台に、市警幹部の息子ながらギャングの手下になった主人公ジョーと対立組織のボスの情婦との恋、やがて起きる抗争、そしてギャングたちの生きざまを描く。

アフレックがジョー役で主演も兼ね、ジョーが最初に恋をする女性(ボスの情婦でもある)エマ役をシエナ・ミラー、その後別の土地で出会って結婚するグラシエラ役をゾーイ・サルダナ、警察署長の娘で女優を目指してハリウッドに行くが、ドラッグにおぼれるロレッタ役をエル・ファニングが演じる。

アルゴ」と同じく米ワーナー・ブラザースのプロジェクト。アフレックがルヘイン原作を映画化するのは、07年の監督デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(原作「愛しき者はすべて去りゆく」)に続いて2度目となる。「リブ・バイ・ナイト(原題)」は2016年秋の公開を予定。

なお、アフレックがバットマンを演じる「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、16年3月の日本公開が予定されている。

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】アルゴ<エクステンデッド・...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】アルゴ<エクステンデッド・...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 アメリカが封印した最高機密情報を基にした衝撃の実話!
ゴーン・ベイビー・ゴーン[Blu-ray/ブルーレイ] ゴーン・ベイビー・ゴーン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,571 『ミスティック・リバー』で知られる人気作家デニス・レヘインの原作を、これが長編監督デビューとなるベン・アフレックが映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi