「ボーイ・ソプラノ」美声少年G・ウエアリングの来日が決定!リバー・フェニックスを彷彿 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月17日 > 「ボーイ・ソプラノ」美声少年G・ウエアリングの来日が決定!リバー・フェニックスを彷彿
メニュー

「ボーイ・ソプラノ」美声少年G・ウエアリングの来日が決定!リバー・フェニックスを彷彿

2015年7月17日 08:00

来日が決定したギャレット・ウエアリング「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」

来日が決定したギャレット・ウエアリング
(C)Myles Aronowitz 2014
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー俳優ダスティン・ホフマンが出演する「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」で、主人公ステットを演じたギャレット・ウエアリングフランソワ・ジラール監督が、8月初旬に来日を果たすことが発表された。

ジラール監督は、アレッサンドロ・バリッコ氏のベストセラー小説を映画化した「シルク(2007)」で、役所広司中谷美紀ら日本人俳優を多くキャスティングしたほか、坂本龍一が音楽を担当するなど、日本とのつながりが強い監督のひとり。さらに、オペラや舞台劇の演出家としても高い評価を受け、エンタテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台「ZED」などの演出を手掛けていることでも知られている。

そんなジラール監督と製作陣が世界中を探し回ってようやく見つけ出した、美声を持つ逸材がウエアリングだ。11歳で本格的に演技に取り組むためロサンゼルスに移住し、12歳で長編映画デビューとなる今作の主演の座を射止めた。故リバー・フェニックスさんを彷彿(ほうふつ)とさせるビジュアルにも注目が集まっている。

ホフマンは、ウエアリングを「彼は最高だよ。見たままの素晴らしい子供だ。豊かな精神と真実を捉える感覚を備えている」と絶賛。ジラール監督も「彼の年代にはめったに見られない集中力がある。彼の強烈さと鍛錬に感心した」と評価しており、次世代を担うスターの誕生を予感させる。

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」は、ホフマン演じる少年合唱団の団長カーヴェルと、才能を開花させていくステットの絆と成長を描く。12歳の少年ステットは、母の死をきっかけに、声変わり前の少年たちで結成されたエリート合唱団に入団することになる。学校の厳しい規律や、クラスメイトからのいじめ、初めて触れる音楽の難しさに逃げ出そうとするステットだが、次第に歌う楽しさに目覚めていく。9月11日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

シルク[DVD] シルク[DVD] 最安価格: - キーラ・ナイトレイ、マイケル・ピット、役所広司、中谷美紀、芦名星ほか豪華キャスト共演、フランスと日本を舞台に壮大なスケールで永遠の愛を描く感動のラブストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi