米全州で同性婚合法化! 米サイト選出「観ておきたいLGBT映画10本」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月17日 > 米全州で同性婚合法化! 米サイト選出「観ておきたいLGBT映画10本」
メニュー

米全州で同性婚合法化! 米サイト選出「観ておきたいLGBT映画10本」

2015年7月17日 23:15

「アデル、ブルーは熱い色」の一場面「パレードへようこそ」

「アデル、ブルーは熱い色」の一場面
(C)2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS - FRANCE 2 CINEMA
- SCOPE PICTURES - RTBF (Television belge) - VERTIGO FILMS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月26日、米連邦最高裁判所がすべての州で同性婚を認める判断を下した。これを祝して、米映画サイトThe Playlistが「観ておきたいLGBT映画10本」を特集している。LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの略称。

最高裁の判決を受け、ネット上にはLGBTの象徴であるレインボーカラーと「Love Wins」のスローガンが踊ったが、その祝祭ムードを反映したラインナップとなっている。イギリスの炭坑労働者とLGBTの連帯を描いた「パレードへようこそ」などは、まさにこのタイミングで見れば高揚感もひとしおだろう。

10本は以下の通り。

▽「BLUE(1993)」(デレク・ジャーマン監督)
▽「アデル、ブルーは熱い色」(2013/アブデラティフ・ケシシュ監督)
▽「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」(2001/ジョン・キャメロン・ミッチェル監督)
▽「Love is Strange(原題)」(2014/アイラ・サックス監督)
▽「マイ・ビューティフル・ランドレット」(1985/スティーブン・フリアーズ監督)
▽「パリ、夜は眠らない」(1990/ジェニー・リビングストン監督)
▽「パレードへようこそ」(2014/マシュー・ウォーカス監督)
▽「プリシラ」(1994/ステファン・エリオット監督)
▽「ベルベット・ゴールドマイン」(1998/トッド・ヘインズ監督)
▽「Weekend(原題)」(2011/アンドリュー・ヘイ監督)

アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,912 2013年・第66回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。
ベルベット・ゴールドマイン[Blu-ray/ブルーレイ] ベルベット・ゴールドマイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,241 1970年代に流行したグラム・ロック・ムーヴメントを背景に、あるカリスマ・ロック・ミュージシャンの肖像を描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi