「インサイド・ヘッド」監督を救ったのは宮崎駿監督だった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月17日 > 「インサイド・ヘッド」監督を救ったのは宮崎駿監督だった!
メニュー

「インサイド・ヘッド」監督を救ったのは宮崎駿監督だった!

2015年7月17日 13:40

インタビューに応じた(左から)ロニー・デル・カルメン共同監督&ピート・ドクター監督「インサイド・ヘッド」

インタビューに応じた(左から)ロニー・デル・カルメン共同監督&ピート・ドクター監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー最新作「インサイド・ヘッド」のメガホンをとったピート・ドクター監督とロニー・デル・カルメン共同監督が来日し、ピクサー流の作品づくりについて語った。

カールじいさんの空飛ぶ家」(2009)でアカデミー賞に輝いたドクター監督は、ピクサーならではの製作スタンスを「失敗を大いに重ねてかまわないというプロセスがある」と明かす。「僕らも恐れることなく色々なストーリーを試行錯誤しながら提案していけるし、そこからどんどんいいものを作っていく。実際に製作に入る前にストーリーを作り、ストーリーのチームとエディターのチームがビデオ絵コンテのようなものを作って、仮のセリフや仮の歌を全部つけて、スタッフみんなに見せてフィードバックをもらう、という作業を何度も何度も繰り返すんです。反復の作業が(作品作りの)鍵ですね」と解説する。

デル・カルメン共同監督は、よりストーリー作りに踏み込んだ意見として、「みんなが思い入れを抱いてくれるストーリーになっているというのは、(題材が)僕らのなかの真実、あるいはパーソナルな部分から来ているからかもしれない。『インサイド・ヘッド』でいうと、ピートが娘さんを見ていて感じたことが衝動となって始まった物語であるし、だからこそ大人も子どもも共感できる。心の旅というか、道筋みたいなものが示されているから、響くんじゃないかと思います」と持論を展開する。

だが、パーソナルな部分を色濃く反映した物作りには、その分困難が付きまとうもの。ドクター監督自身、来日会見で「仕事を辞めて引っ越そうと思った」と振り返ったほど製作時には追い詰められていたというが、デル・カルメン共同監督は、「ストーリーを作っている人間が、1人の時間を持つのは重要なんです。そのなかから見えてくるものがある」と、どっしり構えていたと語る。2人のチームワークを示すエピソードだが、ドクター監督は、同時にある人物にも勇気づけられたと告白。その人物とは、スタジオジブリの宮崎駿監督。「なんとなくのアイデアがあって、そこから映画を製作していくなかで作品の最終形態が見えてくる。宮崎さんも、作品が完成した頃に、自分が作っていたのはこういう作品だったのかと驚かれるらしいんです。それを聞いて、僕たちだけじゃなかったんだってほっとしました(笑)」と、敬愛する先輩に謝意を示した。

インサイド・ヘッド」は、11歳の少女ライリーの頭の中に暮らす、5つの感情を主人公にした冒険ファンタジー。ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミという感情が、新生活によってライリーの心に異変が生じたことをきっかけに、思わぬ騒動に巻き込まれる。7月18日から全国公開。

カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 妻を亡くし一人になったことを契機に、一世一代の冒険へと旅立つ老人が繰り広げる冒険を通じ、果てなき可能性のある人生の素晴らしさを描いたハートウォーミング・ストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi