「日本のいちばん長い日」完成披露で明かした、役所、本木、松坂の“人生最大の決断” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月16日 > 「日本のいちばん長い日」完成披露で明かした、役所、本木、松坂の“人生最大の決断”
メニュー

「日本のいちばん長い日」完成披露で明かした、役所、本木、松坂の“人生最大の決断”

2015年7月16日 15:20

「日本のいちばん長い日」舞台挨拶に参加した (左から)原田眞人監督、役所広司、本木雅弘、松坂桃李「日本のいちばん長い日」

「日本のいちばん長い日」舞台挨拶に参加した
(左から)原田眞人監督、役所広司、本木雅弘、松坂桃李
[拡大画像]

[映画.com ニュース]原田眞人監督の最新作で太平洋戦争終結の舞台裏を描く「日本のいちばん長い日」の完成披露試写会が7月15日、東京・丸の内ピカデリーで開催され、原田監督のほか、役所広司本木雅弘松坂桃李らキャストが舞台挨拶に立った。

「21世紀になってからずっと作りたかった映画」という原田監督は、客席に「民意とは何か、国民を救うとは何か。70年前の根っこにひるがえって、一人ひとりが行動を起こしてほしい」と呼びかけた。陸軍の暴走を止めようと腐心した阿南陸軍大臣を演じた役所は、「戦争というのは嫌なもの。2度と繰り返さないように、この映画で感じてほしい」と力を込めた。昭和天皇役の本木は、専門用語も多い本作を「この映画は2回目に見た時がピークです!」と評して笑いを誘うも、「深みある言葉が残像のように突き刺さる作品です」とアピール。原田組に初参加した松坂は、本土決戦を望みクーデターを計画する青年将校を演じるにはぴったりの現場だったと語り「緊張感がずっと流れていて居心地がよかった」と振り返った。

作品のテーマにちなみ「人生最大の決断」を聞かれると、本木は「僕は何事においても苦悩する人間。天皇役を受けるかどうかも、本当に悩んだ」と明かし、相当のプレッシャーを感じていた様子。それだけに、「賛否両論を受ける覚悟です。早く公開されて楽になりたい」と胸中を吐露した。松坂は、大学を辞めて役者1本と決めたときと振り返り「後悔はありません!」と力強く宣言。一方、役所は上京するまで納豆を食べたことがなかったそうで、「先輩と朝ご飯を食べたとき、納豆を食べるかどうかが人生最大の決断だった」と意外なエピソードで場内を盛り上げた。

また、舞台挨拶に先立ち、会場外に設置されたレッドカーペットに4人が登場。その姿をひと目見ようと集まったファンと触れ合った。

昭和史研究の第一人者・半藤一利氏によるノンフィクションを映画化。昭和天皇がポツダム宣言を受諾し、太平洋戦争終結を決定した1945年8月14日から、みずから玉音放送で国民に終戦を知らせた翌15日の正午までの24時間を中心に、戦争を終わらせるために尽力した人々の姿を描く。

日本のいちばん長い日」は、8月8日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi