「セッション」監督とJ・K・シモンズ、新作ミュージカル映画で再タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月14日 > 「セッション」監督とJ・K・シモンズ、新作ミュージカル映画で再タッグ
メニュー

「セッション」監督とJ・K・シモンズ、新作ミュージカル映画で再タッグ

2015年7月14日 10:50

デイミアン・チャゼル監督とJ・K・シモンズ「セッション」

デイミアン・チャゼル監督とJ・K・シモンズ
Photo by Jason Merritt
Getty Images、Photo by Mike Marsland/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「セッション」のデイミアン・チャゼル監督の次回作となるロマンチックミュージカル映画「ラ・ラ・ランド(原題)」に、「セッション」でアカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズが出演すると米バラエティが報じた。

チャゼルが脚本を執筆した「ラ・ラ・ランド(原題)」は、現代の米ロサンゼルスを舞台に、ジャズピアニストと若手女優の恋愛を描くミュージカル。当初は「セッション」に主演したマイルズ・テラーエマ・ワトソンのコンビが想定されていたが、両者ともに離脱。代わりにライアン・ゴズリングがピアニスト、エマ・ストーンが女優役で主演する。

シモンズは、「ザ・ボス」と呼ばれるキャラクターを演じるという。米ライオンズゲートの製作で、2016年7月15日の全米公開を予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi