ジョン・グリーンの小説「アラスカを追いかけて」映画化に新鋭女性監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月14日 > ジョン・グリーンの小説「アラスカを追いかけて」映画化に新鋭女性監督
メニュー

ジョン・グリーンの小説「アラスカを追いかけて」映画化に新鋭女性監督

2015年7月14日 22:30

監督のレベッカ・トーマス「きっと、星のせいじゃない。」

監督のレベッカ・トーマス
Photo by Charles Eshelman/FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒット青春映画「きっと、星のせいじゃない。」の原作者として知られる、米作家ジョン・グリーンのヤングアダルト小説「アラスカを追いかけて(原題:Looking for Alaska)」の映画化で、新鋭レベッカ・トーマスがメガホンをとると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

「アラスカを追いかけて」の映画化権は、刊行時に米パラマウント・ピクチャーズが争奪戦の末に獲得しており、約1年前にはサラ・ポーリー(「死ぬまでにしたい10のこと」「アウェイ・フロム・ハー君を想う」)が監督に起用されたと報じられていた。トーマスは、2012年の「Electrick Children」で長編監督デビューを果たした新鋭だ。

2005年に発表されたグリーンのデビュー小説「アラスカを追いかけて」(邦訳は白水社刊)は、米アラバマ州の全寮制高校を舞台に、本好きの美少女アラスカと、同級生の少年少女たちの青春群像を描く。

なお、「きっと、星のせいじゃない。」の脚本家コンビ、スコット・ノイスタッターマイケル・H・ウェバーが本作の脚本も手がける。

きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,566 『(500)日のサマー』のスタッフが贈る感動ドラマ。
死ぬまでにしたい10のこと[Blu-ray/ブルーレイ] 死ぬまでにしたい10のこと[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,512 癌を宣告された若い女性が残りの人生を悔いなく生きる様を描いた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi