松岡茉優「ジュラシック・ワールド」キャストと対面で「初恋の人に会った気分」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月13日 > 松岡茉優「ジュラシック・ワールド」キャストと対面で「初恋の人に会った気分」
メニュー

松岡茉優「ジュラシック・ワールド」キャストと対面で「初恋の人に会った気分」

2015年7月13日 13:50

タイ・シンプキンス(右)と対面を果たした松岡茉優「ジュラシック・ワールド」

タイ・シンプキンス(右)と対面を果たした松岡茉優
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的ヒットシリーズの第4作「ジュラシック・ワールド」のPRのため来日中のブライス・ダラス・ハワードタイ・シンプキンスニック・ロビンソンコリン・トレボロウ監督が7月13日、東京・赤坂のザ・リッツ・カールトン東京で会見し、日本語吹き替え版で声優を務めた玉木宏木村佳乃松岡茉優が出迎えた。

初の声優挑戦で、現在13歳のシンプキンス扮する少年グレイ役を演じた松岡。念願の初対面に、「(吹き替えで)タイくんの口元をずっと見ていた2週間がありまして。今日初めてタイくんと会ったとき、初恋の人に会ったような気分がしてしまって、すごくドキドキしました」と告白した。シンプキンスくんは「ちょっと照れちゃいますが、すごく茉優さんと会えて嬉しかったです」と恥ずかしそうに頭をかき、会場の笑いを誘った。

今作のプロモーションで世界中を周ったキャスト陣とトレボロウ監督だが、声優に会ったのは日本が初めてだという。トレボロウ監督は「声は、観客がキャラクターにつながりを持てる非常に重要な部分なので、日本にはとてもいい俳優さんがそろっていると自信が持てました」とニッコリ。ハワードも、同じ役を声で演じた木村を「本当にすごい! 演技をしない時に声だけ出すのはものすごく大変なこと。こんなに美しい方に声優をして頂いて、ありがとうございます」と絶賛した。

またトレボロウ監督は、製作総指揮のスティーブン・スピルバーグについて「彼は、長い間ジュラシックパークの続編を作りたいと思っていましたが、いい作品ができないなら作りたくないと思っていた」と明かし、「私にとっての1番のチャレンジは、今までの模倣ではなく、全く新しい今の若者のためのジュラシックパークを作りたいということ。今回それが達成できたと思います」と出来栄えに自信をのぞかせていた。

ジュラシック・ワールド」は、恐竜テーマパーク“ジュラシック・ワールド”を舞台に、遺伝子操作された新種の恐竜インドミナス・レックスがパークから脱走し、来場者を襲うさまを描く。8月5日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi