シュワ、引退説完全否定!「ターミネーター」5カ月に及ぶ撮影も「仕事が楽しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年7月11日 > シュワ、引退説完全否定!「ターミネーター」5カ月に及ぶ撮影も「仕事が楽しい」
メニュー

シュワ、引退説完全否定!「ターミネーター」5カ月に及ぶ撮影も「仕事が楽しい」

2015年7月11日 10:00

充実した表情を見せるシュワルツェネッガー「ターミネーター:新起動 ジェニシス」

充実した表情を見せるシュワルツェネッガー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットシリーズの最新作「ターミネーター:新起動 ジェニシス」で、T-800ターミネーターを再び演じたアーノルド・シュワルツェネッガーが、同シリーズとしては「ターミネーター3」(2003)以来約12年ぶりに来日し、映画.comのインタビューに応じた。

未来の運命を握る女性サラ・コナー(エミリア・クラーク)とT-800ターミネーターが、人工知能“ジェニシス”の反乱で人類が滅亡する“審判の日”を止めるために共闘するストーリー。これまでのシリーズの時間軸をリセットし、カイル・リース(ジェイ・コートニー)やジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)といった過去作の人気キャラクターに加え、最新型ターミネーター“T-3000”が登場する。

本作を振り返り「すべてのシーンが思い出深く、すべてが見どころだ」と豪語するシュワルツェネッガーは、撮影には約5カ月を費やし、入念にワークアウトを重ねてT-800ターミネーターの体を作り上げた。本作ではCG処理によって若き日のシュワルツェネッガーを“復活”させ、新旧T-800ターミネーター同士が激突するシーンが描かれるが、映像技術の進化は演じ手であるシュワルツェネッガーにも新鮮な体験をもたらしたと言う。「CGが相手のシーンでは、“無”と戦うことがあったよ。印象的な仕事だった。スタントコーディネーターの指導を受けながら、ほぼ1日、“無”と戦っていた。忘れられない経験だよ(笑)」。

さらに、シュワルツェネッガー本人が「気に入っている」と語るのは、サラとT-800の親子にも似た絆を描く本作のドラマパート。「初期のT-800ターミネーターは、人間味がない完全なる殺人マシンだった。しかし今回は、サラと長い時間を過ごしていて人間的な要素が芽生えている。あえて人間的なことをしてみるものの、失敗してしまうこともあるんだ。その感覚が面白いよね。演じる俳優としては、ただの平面に工夫を加える作業は楽しいものだ」と、慣れ親しんだキャラクターの変化を楽しんだ様子を語る。

精力的に俳優業をこなすシュワルツェネッガーは、67歳という年齢にも「引退などあり得ないよ」と、T-800並みのタフさを見せ、「若いやつにチャンスをあげるために、年寄りは引っ込めって? でも仕事が楽しいんだ。なぜ辞めなくちゃいけない(笑)?」と笑い飛ばす。今後も、リブート版の「コナン・ザ・グレート」の脚本が完成済みで、「ツインズ」の続編となる「トリプレッツ(原題)」には、新たにエディ・マーフィーを“兄弟”に迎えて撮るとうれしそうに語っていた。

ターミネーター:新起動 ジェニシス」は、7月10日から全国公開。

ターミネーター2 特別編 アルティメット・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ターミネーター2 特別編 アルティメット・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - クオリティの高い映像と迫力のストーリー展開で大ヒットを記録した、ジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作!
ターミネーター3[Blu-ray/ブルーレイ] ターミネーター3[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 アーノルド・シュワルツェネッガー主演による人気シリーズ「ターミネーター」の第3弾!未来からやってきた戦闘マシーン“ターミネーター”同士の闘いを描いた迫力のSFアクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi